XRPのジェットコースター相場に日和って一部を利益確定。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 007 010 買い発生中。CL。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
MISSION 007 買い発生中。-1σ。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
MISSION 006 売り発生中。
MISSION 001 買いになる可能性あり。
カナダ/スイス《月足アドバンスドチャート》
MISSION 010 買い発生中。
カナダ/スイス《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 売り発生中。MISSION 007 買い発生中。-2σ。
カナダ/スイス《日足アドバンスドチャート》
MISSION 004 買い発生中。-1σまで戻せば買い増しチャンス。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
今週完結したトレードはありませんでした。

ここのところ暗号通貨記事が続いていたので、今回はFXMZのポジションについてさらっと。
豪ドル/ドルは下落基調が続いていたが、日足で転換する可能性も出てきたので、どうなるか注目。
カナダ/スイスは比較的カナダドルが強いので、月足の底で拾ったポジションをなるたけ引張れたらと思う。
暗号通貨の方はXRPの一部を売却し40万円ほどプラスになりました。
今週はcoincheckのシステムが不具合を起こし取扱暗号通貨が軒並み異常値をつける騒ぎがあり、
XRP:10円台前半→28円まで急騰→取引停止で20円→今現在25円
この間異常値で売り抜けた人もロスカットされた人も皆ロールバック(異常値をつける前の状態へ巻き戻し)。
今動いている取引所はノウハウを既に持っている大手金融機関ではないので、こういったことが度々起こります。
また今回の騒動に加え、様々な取引所でID・PASSを盗まれ暗号通貨を盗まれる事案が発生しているので、
最悪の事態を避ける為に取引所から手持ちのハードウェアウォレットLedger Nano Sに移動させました。
※ビットコイン、イーサリアムは既に対応済み。XRPは5月末に対応予定とのこと。
→過去記事:ハードウェアウォレットLedger Nano Sを買ってみた。
去年書いたこの記事の閲覧数がここ数日で一気に伸びていて驚いています。
それだけ安全な保管先を探してる人が多いのでしょう。
盗まれた暗号通貨を取り戻すのは難しいといわれているので、取引所に大量に預けている人は要注意。

P.S.
SBIバーチャルカレンシーズの公式サイトがオープンしました。→sbivc.co.jp

アルトコインの爆上げが止まらない。

イーサリアムとXRPの上昇が止まらない。
そして、ついに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、上昇率がイーサリアム以上なのがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)に関しては、日本経済新聞に掲載されたこの記事が起爆剤となったようです。
→参考:仮想通貨、運用しやすく SBIなど10社超が参入
イーサリアムもこないだのETFの件にとどまらず、年内にライデンネットワーク(Raiden Network)実装や
メトロポリスへの移行を控えているので、それらが少しずつ織り込まれてきているのかもしれない。
SBIバーチャルカレンシーズのサービス開始は夏頃になるとのことなので、その時期をひとつの目安として、
適度に利食いしつつ、さらに買い増しを続ける。
これだけ高騰してしまうと、買い増すのに躊躇してしまう部分もあるけど、こういう場面で一歩踏み出せた人が
大きく資産を増やせるのだと思う。
暗号通貨への投資で到達したい目標額がある。まずはそこを目指したい。

バブル第2波!!イーサリアムとXRPの伸び率がスゴイことに。

ビットコイン価格とアルトコイン価格が共に上昇しています。
暗号通貨市場の時価総額が3兆円を超えてきたことからも、有り余っている投機マネーが入ってきた可能性がある。
twitter上でも株クラスタの人達が相次いで暗号通貨市場に参戦してきてるので、この状態に全く違和感はないけど。
特にアルトコインの伸び率が顕著で、これまでのビットコイン一強時代からポテンシャルのあるアルトコインがシェアを奪っていく過渡期にあるのでしょう。
ビットコインと肩を並べるアルトコインが出てくれば、市場はより強固で大きなものになるはず。私はイーサリアムかXRPのどちらかがビットコインを脅かす存在になると思って買っています。
でも、正直こんなに早く再び動意づくとは思っていなかったので驚いてもいます。前回の価格高騰がほんの1か月前の出来事なので、まだバブルは終わったわけじゃなく単なる調整期間だったみたいですね。
イーサが買われた直接のきっかけはこの報道かと思われます。
→参考:米SEC、イーサリアムETFの上場審査を開始か
イーサリアムはだいぶ安定感も出てきたので売らないでホールドするつもりですが、
XRPは値動きが仕手株っぽくなっているので一旦クローズして買戻しタイミングを探るかも。

P.S.
海外取引所Bittrexで例の暗号通貨を買い集めています。
出来高からいってまだまだ伸びしろがあると思っているので、もうしばらく今の水準で推移してほしい。
FXMZ、月末なので月足確定です。国際情勢もきな臭いですし連休もあるのでレバレッジ低めが良いかと。
OANDAの豪ドル/ドルがマイナススワップになる日がちらほら出てきました。
まぁ、外資系はスワップに秀でている業者ではないですし、重きを置いている印象もないので、
そこが気になる人は注意が必要ですよ^^

 

暗号通貨時価総額ランキング:CryptoCurrency Market Capitalizations

ポンド/円とおさらばした。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 010 買い発生中。レンジ上抜けタイミングを待つ。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
MISSION 007 買い発生中。CL。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
勝ちパターン確認できず。売り優勢。
カナダ/スイス《月足アドバンスドチャート》
MISSION 004 007 010 買い発生中。
カナダ/スイス《週足アドバンスドチャート》
MISSION 005売り発生中。
カナダ/スイス《日足アドバンスドチャート》
勝ちパターン確認できず。売り優勢。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:ポジションを軽くしたかったため。
獲得損益:+1,817円

通貨ペア:ポンド/円
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 001(月足)。買い。
エグジット根拠:選挙当日まで振り回されることが予想されるため。
獲得損益:-27,682円

英メイ首相が2020年に予定されていた総選挙を前倒しして6/8に行うことを発表しました。
市場がこれを好感したのか、偏っていたポンド売りポジションの解消が進んだだけなのか分かりませんが、
ポンドが急進。このタイミングで買いポジションを清算しました。理由を列挙すると、
1.選挙当日大勢が判明するまで振り回される
2.月足MISSION 001ではあるが、底値ではないため、下落余地はまだある
3.暗号通貨投資で今年は大幅プラスになっている
今は適当な暗号通貨を買ってホールドした方がよっぽど儲かるので、そっちを優先させたい気持ちもありました。
暗号通貨で儲けられるのは今だけなので、稼げるうちに稼いで、時期が来たら暗号通貨市場からは撤退する。
こういう流れで考えているので、今あえてポンド買いに拘る必要はないという結論に達しました。
今回の損切りをしてもFXMZの今年の収支はプラスを維持できてるので豪ドル/ドル中心にまた増やしていきたい。
暗号通貨取引所Coincheckの取扱通貨にNEM、Litecoin、DASHの3つが新たに追加され合計13種類に。
これで時価総額上位10位内の通貨はほぼ買える状態になったので、もうCoincheck一択でいいような気がする^^

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

P.S.
今からでもテンバガーを狙えそうな暗号通貨を見つけた。
海外取引所でしか買えないので当然リスクもあるが少しずつ買い集めていく。

SegWit採用決定でモナコイン価格が高騰したので売却した。

丁々発止の議論でブロックサイズ問題に目途が立たないビットコインを尻目に、
ライトコインとモナコインのどちらがいち早くSegWit(Segregated Witness)を導入できるか
暗号通貨市場で注目が集まっていました。

「SegWitって何なの?」
SegWitを採用することでこれまでよりも取引サイズの圧縮を図ることができ、
取引量が増大しても送金の遅延や停止を心配しなくても良くなるらしい。
今のところ深刻なレベルの送金遅延が発生しているのはビットコインだけなので、
利用者からすれば最も導入してほしいのは基軸通貨であるビットコインなんだけど、
コミュニティも大きく利害関係が絡み合って数年前から議論が進展していません。
この問題が暗号通貨市場全体に影を落としています。

そんな中、本日未明、国産暗号通貨モナコインのコミュニティでSegWit採用が一定数の賛成を得られ、
約1週間後にアクティベートされることが決定しました。
→参考:【速報】国産モナ―コイン、SegWit可決 世界初

 

 

私はその時間にはもう寝ていたので祭りには参加できませんでした。
添付チャートを見ても分かるように、
どうやらその時間帯11.8~18.8の間で乱高下したみたいですね。
とはいえ、モナコインがこれで海外に普及していくかというと、おそらくそんな展開にはならないと思います(笑)
国内で細々とが関の山ではないでしょうか。

とりあえずイベントも無事通過したし、10円くらいの値幅になっていたので、
手持ちのモナコインをすべて売却しました。
モナコインのゆるい感じが好きなので下がってきたらまた買い戻そうっと。

 

 

P.S.
FXMZで保有ポジションの一部を手仕舞いました。
ポンド/円が切りたくて仕方なくなってきた今日この頃です。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:カナダ/スイス
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:海外情勢があれなので。
獲得損益:+836円

モナコインを取り扱っている国内取引所は此処だけ↓

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。

FXMZ獲得損益:+258,561円 (2017.11.19更新)
ビットコイン及びアルトコインへの投資:+6,000,000円

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

たくさんのfx業者に口座開設してきた中で、最終的にここに落ち着きました↓

取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
サブ口座が14口座まで作れるのが最大のポイント。FXMZの時間軸に応じた使い分けに適しているので重宝しています。
口座開設

国内仮想通貨取引所、1箇所選ぶならここ↓

送金時二段階認証などセキュリティ対策もバッチリ。
不正ログインによる損失補償もあり。
なによりUIに無駄がなくてとても使いやすいです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ガチホしてる暗号通貨

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメイン
からそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。


アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 54047総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る