豪ドル/ドル、下げ止まったか!?

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗→CLで反発。レンジ相場。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
-2σタッチで反発。だが、CLの傾き及びバンド形状からは売り優勢か。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

月足が確定し依然としてセンターラインより上で推移しています。今週0.75割れを試しましたが、破られなかったことからこのあたりが強めの抵抗として機能している模様。また、全体的にドルが強かった印象がありますが、豪ドルも買われたので、結果的に豪ドル/ドルが大きく崩れるには至らなかったようです。
クロス円の大幅下落が遠のいてしまったことで、けんさんがクロス円の長期目線を一旦フラットにされました。
メルマガを読み確かに資金効率を考えれば正しい判断だと思いました。
暗号通貨への投下資金の大半もビットコインの長期保有なので、為替では週足トレード再開もありかなぁ。
9月に突入し2016年も残すところ1/3。時間の流れが年々加速度を増してるように感じられ、
このままではあっという間に一生を終えてしまいそうな気がする。早く投資で大成功しなければ。

2016-09-03_15h14_202016-09-03_15h14_302016-09-03_15h14_392016-09-03_15h13_472016-09-03_15h14_01

豪ドル/ドルが続落中。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗。BBが水平になりつつあるのでレンジ移行か。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
準MISSION 001売り発生中。-2σ到達。下放れる可能性あり。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。

豪ドル/ドルがまた金曜に崩れました(笑)。日足-2σまで一気に下落するほど勢いがありバンドも拡大しているので、下落トレンド入りした可能性があります(短期の話です)。月足CL=週足CL=0.75をひとつの下落目処と考えていますが、ここで下げ止まらなくても問題なし。MISSION 010で買い込みたい数量の1/3程度しかポジションを持てていないので。豪ドル/ドルに関して危惧するのはスワップ逆転の可能性のみ。今は利上げを示唆しているアメリカもいずれ緩和に舵を切るだろうからそれほど心配はしていませんけど・・・

2016-08-27_10h21_542016-08-27_10h22_052016-08-27_10h22_222016-08-27_10h22_572016-08-27_10h22_42

豪ドル/ドルが崩れたので指値が次々に約定した。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達で一服感ありか。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗。BBが水平になりつつあるのでレンジ移行か。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
準MISSION 001売り発生中。最大下落目処は-2σ付近。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。

豪ドル/ドルが金曜に崩れました。影響を与えそうな経済指標はなかった気がしますが、一体なぜ?
日足のチャート形状がやや歪ではあるものの、これをMISSION 001売りと判断すると、最大下落目処は-2σ付近。
(MISSION 005買いによるCL反発の可能性よりも上位足の形状から続落の可能性が高いかと)
月足CL=週足CL=日足-2σ=0.75となっているので、強固なサポートになると思っています。
順調にポジションが増えていますが引き続き指値を並べて拾っていきます。

2016-08-20_10h19_162016-08-20_10h19_292016-08-20_10h19_412016-08-20_10h20_302016-08-20_10h20_12

豪ドル/ドルのポジションを増やすチャンスかもしれない。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
BB収束中。長期間突破できなかったCLを終値でブレイク。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗。BBが水平になりつつあるのでレンジ移行か。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 006買い発生中。週足形状から+1σ下抜けのシナリオも。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。

週足で+1σを上回れなかったことから豪ドル/ドルの本格上昇はお預けの可能性あり。ただ、仮に下落するとしても、月足CLとほぼ重なる週足CLが強いサポートになると思っているので、ここは買い増していきたいところ。
取引所に預けっ放しにしていたビットコインをハードウェアウォレットLedger Nano Sに移動。これからは必要な時に必要な分だけ取引所に送金する。暗号通貨ゆえの面倒くささに多少辟易しているが、将来得られる莫大なリターンを信じてホールド。

2016-08-13_14h19_302016-08-13_14h19_392016-08-13_14h19_492016-08-13_14h20_322016-08-13_14h20_19

ハードウェアウォレットLedger Nano Sを買ってみた。

暗号通貨取引所を標的としたハッキングが後を絶ちません。
ビットコインが盗難に遭った場合、取引所が被害額を補償してくれるかはケースバイケース。
shikihime161_3
自分のビットコインは自分で守るしかないということで、
ようやく重い腰を上げハードウェアウォレットを導入しました。
今回私が購入したのは発売されたばかりの仏Ledger社製USB
トークン型ビットコインウォレット《Ledger Nano S》です。
Ledger社製品を選んだ理由は他社製品と比較して軽量且つ安価な為世界中で幅広く利用されており、すぐに市場から姿を消すことはなさそうだったことと、国内で暗号通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社が日本の正規代理店としてマニュアルの日本語化やサポートも行ってくれているので、不良品だった場合の問い合わせも楽だと思ったからです。

《Ledger Nano Sの特徴》
・端末に保管したビットコインを外部に送金する際は、端末の側面にある物理ボタンを押して承認しなければならない仕組みになっている→仮にハッカーにパスワードが漏れても端末毎盗まれなければ不正送金されない。
※リンクを貼っている端末の中で旧モデルのLedger Nanoだけは、物理ボタンではなく付属のセキュリティーカード上の暗号表もしくは専用のスマートフォンアプリを使って承認するタイプです。

《Ledger Nano Sがもし壊れたらビットコインは取り出せなくなるのか?》
初回設定時に付属のリカバリーシートに24文字のリカバリーフレーズを記録するよう求められます。
→新品の端末を再度購入して記録したリカバリーフレーズをもとに復元できるので大丈夫。

《実際にLedger Nano Sを触ってみた感想》
・思った以上に小さい→欲をいえば液晶画面はもっと大きい方がよかった。
携帯性をとるか視認性をとるか個人の好みによるところですが、私は次買うならKeepKeyにするかなぁ。
・設定で戸惑うことはなく、機能面では満足→取説は付属していませんがスマホ操作できればたぶん大丈夫。
※初期設定はこちらのzaif公式サイトを御覧ください→Ledger Nano S (レジャー・ナノS)日本語マニュアル
・箱はアップル製品並に洗練されているが、端末本体にそれほど高級感はない。
→とはいえネットで酷評されているTREZORのチープな質感に比べればずっと良いとは思います。
・耐久性→これに関してはなんともいえない。私の端末は購入から10ヶ月経過しましたが問題なく使えています。

《総評》価格面と機能面のバランスから及第点は超えている

《追記》対応通貨について 2017/05/21更新

 

Ledger社公式サイトからも購入できますが、Amazonでも取り扱ってます↓

暗号通貨取引所Bitfinexがハッキングされ、またビットコインが盗まれた。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
BB収束中。長期間突破できなかったCLを終値でブレイク。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
だが、月足CLブレイク→+1σ突破も十分考えられる。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
長めの上髭陰線が若干気になるところだが、CLは依然上向き。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。

豪ドル/ドルの大きな調整があまり期待できそうにないので、多少のリスクは覚悟の上で上昇トレンドを追いかけることも検討しています。カナダ/円はMISSION 010の買いゾーンに迫ってきたので、指値を並べておきました。
半減期後比較的安定して推移していたビットコインが暴落しました(悲) 被害総額はまだ明らかになっていませんが、香港に拠点を置く取引所Bitfinexがハッキング被害に遭ったことが直接の原因だとされています。ただ、被害が公式にアナウンスされる前から市場で不自然な売りが出ていたことから、インサイダー疑惑も囁かれています。実際にやってみると分かるのですが、ビットコインの入出金は驚くほど簡単に出来てしまうので、ハッカーにとっても割の良い仕事なのでしょう。現状ではハードウェアウォレット(※)を購入するなどして自己防衛するしかないのですが、ここら辺の対策を業界全体で考えていかないと、暗号通貨がメインストリームに躍り出るのは難しいような気がしています。ブログ上ではほとんど紹介できていませんが、暗号通貨市場を盛り上げてくれそうなポジティブニュースもたくさん出てきているだけに残念でなりません・・・。
→コインテレグラフ:Bitfinexが資産を失ったユーザーに対して7,000万ドル分の返済を行う可能性

※ハードウェアウォレット・・・ビットコインを保管するための専用財布端末。使用時のみPCに接続すればよく、オフライン環境下で保管できるため、モバイルウォレットやウェブウォレットよりもセキュリティ面において優れているとされる。

2016-08-06_19h42_572016-08-06_19h43_082016-08-06_19h43_162016-08-06_19h43_482016-08-06_19h43_35

豪ドル/ドルが下落しないのでポジション構築が進まない。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
BB収束中。長期間突破できなかったCLを終値でブレイク。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。+1σまで戻せば売りの局面。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
CLが上向きに変化。買い優勢か。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。

豪ドル/ドルが思ったほど下げてくれず、成行の打診買いポジションのみの状況。3年3ヶ月ぶりに月足でセンターラインをブレイクしたことから、基調転換したと判断すべきかもしれない。また週末から一気に円高圧力が強まっているが、狙っているカナダ/円の長期ポジションが仕込めるならそれはそれで構わないと思っている。
theDAO事件の解決策としてイーサリアム財団がハードフォークを決行しました。ところが、一部のステークホルダーがハードフォークを拒否し、Ethereum Classic(ETC)というフォークしないバージョンのEthereumを作ったため、ETHとETCというふたつのEthereumが存在するというカオスな展開になっています。当初、Ethereum Classicは市場で値がつかず消滅すると予想されていましたが、実際はそうはならず、現在ふたつは異なる価格で取引されています。今後どちらかが萎んでしまうのかあるいは共倒れになってしまうのか分かりませんが、暗号通貨は何が起こるか全く分からない世界のようです。→コインテレグラフ:Ethereum Classicがついにビットコイン、イーサリアムに続いて最も取引された暗号通貨になる

※ハードフォーク・・・別のソフトウェアに生まれ変わること。互換性がないため、すべての参加者は仕様変更を余儀なくされる。今回のケースでは、The DAOが攻撃され、奪われたイーサに紐付くアカウントをハッキング前の状態に戻し、トークンホルダーの元に戻すことらしいです。

2016-07-30_15h14_382016-07-30_15h14_452016-07-30_15h14_512016-07-30_15h14_00

豪ドル/ドルでポジションを再構築する予定。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
BB収束中。どちらかに大きく動く可能性あり。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004買い及びMISSION 007売り発生中。
+1σまで戻せば売りで-1σまで下落したら買い。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 007売り発生中。CLがちょっとした抵抗になっている。

調整中の豪ドル/ドルでポジションを再構築しようと思っています。
豪ドル/円とカナダ/円はまだ買い場到来とはいえない水準なので・・・。
BATS Global Exchangeに上場間近と噂されるビットコインETFに続き、イーサリアムETFも米証券取引委員会(SEC)に対して上場目論見書を提出したそうです。他の金融商品とは異なる値動きをする暗号通貨が、リスクヘッジの意味合いで機関投資家のポートフォリオに組み込まれるようになれば、時価総額1兆円に留まっているビットコインを中心に大幅な値上がりが期待できると思っています。→bitcoin news:イーサインデックス、世界初のイーサリアムETF上場目論見書を米SECに提出

2016-07-23_14h34_522016-07-23_14h35_322016-07-23_14h35_41

アルトコイン取引でビットコインの持ち分を増やす方向にシフト。

将来的にかなりのリターンが見込めそうだという理由で暗号通貨への投資をはじめましたが、自分なりにいろいろ調べたり見聞きする中で、これまでのやり方では今後行き詰まる可能性が出てきました。というのも、現在のビットコイン価格は1BTC=70,000円前後で比較的安定して推移していますが、これからどんどん価格上昇していくと買い増すのがきつくなることが予想され、買い増すという考え方ではなく手元にあるビットコインをいかに増やすかという方向に徐々にシフトしていく必要があるのではないかという結論に至りました。
その具体的な方法ですが、ビットコインよりも時価総額が低く値動きが軽いアルトコインの取引でビットコインの総量を増やしていく方法を採用することにしました。
てか、ただ単に私がやらなかっただけで、ほとんどの暗号通貨トレーダーはこの方法でビットコインを増やしてるんですけどね(笑)
《変更前》日本円でビットコイン購入→ビットコイン値上がり→ビットコイン売却で日本円に戻す
《変更後》ビットコインをアルトコインに交換→アルトコイン値上がり&売却→ビットコイン売却で日本円に戻す

国内取引所で取り扱っているアルトコインであれば日本円で直接購入できますが、まだ手垢に塗れていないマイナーなアルトコインは海外取引所経由でしか入手できません。要するに、海外取引所と国内取引所での取扱開始時期にタイムラグがある為、国内取引所での取扱を待っていては機会損失に繋がる可能性があるということです。ただし、数百種類に及ぶアルトコインから値上がりが期待できるものを選ぶ必要があることに加え、この目論見はビットコインが暗号通貨界の基軸通貨として君臨し続け、なおかつ市場から評価され一定の価格を維持できなければ失敗に終わります。フィアット(法定通貨)で安定的に利益を出せているのであれば無理に手を出す必要はありません。私はできるだけ早く今の生活から抜け出したいという思いが強いのである程度の損失は覚悟の上で臨んでいます。既に何種類か持ってるのでそのうち紹介する予定です。

《暗号通貨の時価総額ランキングを確認できるサイト》
Crypto-Currency Market Capitalizations

《用語の意味》
※アルトコイン・・・ビットコイン以外の暗号通貨の総称

P.S.
ビットコインの価値はドルないし人民元換算が正しいという意見をネット上でよく見かけますが、
日本で暮らす以上最終的には日本円に戻す形になるはずなので、このブログでは尺度として円を採用しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)は取引量・ユーザー数・資本金で3冠達成中の国内第1位の取引所です↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界中で閉塞感が渦巻いている。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 004買い発生中。+1σ付近までは上昇余地あり。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 001買い発生待ち。
カナダ/ドル《月足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 001売り&MISSION 004売り発生中。
仮に+1σまで上昇すれば狙っていきたい。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。

カナダドルと豪ドルの長期用ポジション構築はしばらく無理かも・・・と思った矢先にフランスでテロ発生。そして週末にはトルコでクーデター勃発。材料には事欠かない状況が続いています。不謹慎かもしれませんが、市場がネガティブに反応してくれることを期待してしまっている自分がいます。

P.S.
ビットコインは静かな半減期を迎えました。前回は半減期後に動意づいたので、今後の動きに期待大。
ビットコイン以外の暗号通貨で数倍~数十倍になるものが続出中。株の銘柄選定に自信のある人は参戦してみては?

2016-07-16_16h59_052016-07-16_16h59_252016-07-16_17h00_122016-07-16_16h59_54

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。

FXMZ獲得損益:+173,202円 (2017.6.18更新)
ビットコイン及びアルトコインへの投資:+3,600,000円

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

FXMZ 10の勝ちパターン徹底解説DVD

勝ちパターン毎の具体的なエントリー、エグジット、ロスカット方法に至るまで分かりやすく解説してあるので、FXMZを極めたい人向けの補強教材です。
10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

FX MISSION ZERO 推奨口座

《OANDA Japan》
取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
口座開設

FX MISSION ZERO 推奨口座

《Dukascopy Japan》
デューカスコピー・グループによるアルパリジャパン買収で誕生した外資系業者。取扱い通貨ペア数48。

暗号通貨の取引はまずビットコインから。

ビットコイン取引量国内No.1の実績をもつ取引所です。
サイバー攻撃等によるビットコインの盗難や消失を補償する損害保険に加入しているので安心して取引できます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン以外の暗号通貨がいろいろ購入できます。送金時二段階認証追加などセキュリティも向上。不正ログインによる損失補償が100万まで受けられるようになりました。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットコインの積み立て購入ができるのは此処だけ↓

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメインからそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。





アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 47447総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る