FXMZ取引[月足]【豪ドル/ドル】獲得損益:+4,645円 他 

akira_2016-11-22_21h05_15豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 007買い発生中。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
CLが水平に近い。レンジ突入か。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
再び+1σを下回ってきたが、自信をもって売っていける場面ではない。
日足は見送りが正解だと思う。
ポンド/円《月足アドバンスドチャート》
MISSION 001買い発生中。-1σに向け再度下落中。
ポンド/円《週足アドバンスドチャート》
CL~+1σ間で推移。分かりづらいチャート形状。
ポンド/円《日足アドバンスドチャート》
-1σを下抜けてきた。勝ちパターン予測はMISSION 002売りで下落加速orMISSION 003買いで反発。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:日足+1σを挟んだ攻防が続いているため。
獲得損益:+4,645円

通貨ペア:ポンド/円
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 001(月足)。買い。
エグジット根拠:思ったように伸びていかないので。
獲得損益:+8,817円

ポンド/円に思ったほど勢いが感じられないので利食いを決断。
そのあとすぐ急落し-1σ付近で指値約定したので上手く買い戻せたようです。
指標発表があったのは後になって知りました。時間軸が月足だと雇用統計くらいしか意識しないので^^;
去年値幅を狙いにいきすぎて利益確定タイミングを何度も逃したことを反省して、
今年はこまめに手仕舞いしていますが、今の所は功を奏しているようです。
FXMZマニュアル完全版に記載された利食いターゲットまでは引っ張る方が正解なのかもしれないけど、
けんさんの利食いタイミングを見ているとそれはあくまでも目安なんだなと思えるし、
相場の向かいたい方向を教えてくれる勝ちパターンをトレードの軸にしていれば、
最終的にはプラスになるはずだからそれでいいやと楽観的に考えています。

時間をかけずに堅実に資産を増やすことを目的につくられた教材です↓
FXミッションゼロマニュアル完全版

中国の大手取引所がビットコイン・ライトコインの引き出しを一時制限。

akira_2016-11-22_21h05_15豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 004売り消滅。+1σを上抜けてきた。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
+1σ突破。CLも上向きに変化。バンド幅拡大の兆候が見られる。
強力な抵抗になっている+2σを上回れるか注目。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
バンドウォーク状態とはいえず、一旦崩れかけたが、持ち直してきた。
ポンド/円《月足アドバンスドチャート》
MISSION 001買い発生中。-1σに向け再度下落中。
ポンド/円《週足アドバンスドチャート》
+1σタッチで反落→CLで再び反発。
ポンド/円《日足アドバンスドチャート》
終値でCL付近。-1σまで戻せばMISSION 004買い。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:日足が一旦崩れかけたので。
獲得損益:+9,168円

ポンド/円に再イン。豪ドル/ドルの大相場突入はまだ。
豪ドル/スイスの日足、週足、月足すべてにおいて長期レンジの上限を上抜けてきた。
既に豪ドル買いポジションは持っているので本気買いはしませんが、少量だけロングしようかな。
本命のカナダ/スイスが豪ドル/スイスに続いて長期レンジを突破してくるのを待っています。
今週はビットコインが再び急落しました。またもや中国がトリガー。
→参考:中国の大手取引所2社がBTC・LTCの引出しを一時停止、人民銀の調査で
とはいえ、下落は一時的なものに終わりもとの価格水準まで戻しているので買い増しはしていません。
モナコインの価格がSegWit採用報道で地味に騰がっている。でも必要ない気がするのは私だけだろうか^^;

《トラリピ特許を巡る裁判の行方》外為オンラインのiサイクル注文はトラリピ特許権を侵害していないとの判決が下されました。

平成27年2月19日にM2Jより外為オンラインに提起された「サイクル注文」及び「iサイクル注文」に対する特許権侵害にともなう差し止め請求。この訴訟の判決が平成29年2月10日に下されました。
タイトルの通り、東京地裁は差し止め請求を認めない旨の判決を言い渡したそうです。正直なところ、FXMZに出会ってからはトラリピに対する興味が薄れてしまい動向もあまりチェックしていなかったのですが、これまではトラリピに代表されるリピート系注文をするのであれば本家を使った方が無難だという見解だったものの、今回の判決内容を受けて、今後M2Jの事業運営は難しい舵取りを迫られることが予想され安心できないのではと考えています。既にリピート系注文を使用したい顧客がコストの高さから他社に流れていますが、トラリピは特許であり他社の類似サービスは違法であると主張できなくなれば一気に決壊してしまう可能性があるからです。
判決を不服として控訴の準備を進めていることや、外為オンラインが特許庁に対してトラリピの特許は無効であるとして審判請求を行った件に関しては、平成28年12月12日にトラリピ特許は有効であるとの審決が下されているので、控訴審がどうなるかに注目ですね。→公式サイト:M2HDの訴訟の判決及び控訴の提起に関するお知らせ

P.S.
平成29年1月20日に東証1部に上場していたM2JHDは米投資会社カーライル・グループ主導のMBOにより上場廃止となりました。この点からも取り巻く事業環境が変化してきていることがうかがえます。
リピート系注文の元祖「トラリピ」で自動売買ができます↓

リピート系注文「iサイクル注文」を試してみたいなら↓

将来性に期待して買った暗号通貨《第2回目》

前回からだいぶ間隔が空きましたが不定期更新の2回目。

shikihime179_2《持ってる暗号通貨たち》※時価総額が大きい順
Bitcoin(BTC)・・・暗号通貨界の基軸通貨。ランキング1位。
Ethereum(ETH)・・・分散型アプリやスマートコントラクト
構築プラットフォーム。ランキング2位。
Ripple(XRP)・・・銀行間送金システムをより円滑にする
ブリッジ通貨。ランキング3位。
NEM(XEM)・・・国内取引所Zaifを運営するテックビューロが
関与しているプロジェクト。公証系に強み。ランキング9位。
GameCredits(GAME)・・・オンラインゲーム専用暗号通貨。ランキング20位。←買い戻すかもしれない。
MonaCoin(MONA)・・・2ちゃんねる発の最も古い国産コイン。ランキング98位。

先にお伝えした通り、
ToTheMoonしたBitcoinの利益確定分で暗号通貨への初期投資額は回収しました。
法定通貨に戻していないGameCreditsの売却分を含めると、+100万円近くになっているはずです。
2017年残りの11ヶ月でバブルが到来して更なるボーナスステージに突入するのでしょうか。
さて、年内に施行される仮想通貨法(仮)に関してですが、取引所が扱える通貨は認可制になるとのこと。
時価総額ランキング上位の通貨はおそらく問題ないと思うので、買い増し対象は手堅い面々を選んでいます。
MonaCoinは・・・たぶん大丈夫だと思いたい^^;
国内発のプロジェクトにも投資していますが、世界中で普及するのは海外発のプロジェクトだと確信しているので、
比重はそっちに置いています。でも、外部に受け入れられていても、Ethereumが細胞分裂を起こしたように、
内部から亀裂が入り崩壊する危険性はどのプロジェクトも孕んでいることは忘れないようにしたいと思っています。

時価総額ランキング:Crypto-Currency Market Capitalizations

ビットコインの自動積み立て購入ができるのは此処だけです↓

リステリンの紫には気をつけろ。

akira_2016-11-22_21h05_15豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 004売り消滅。+1σを上抜けてきた。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
+1σ突破。CLも上向きに変化。バンド幅拡大の兆候が見られる。
強力な抵抗になっている+2σを上回れるか注目。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
MISSION 001売り消滅。バンドウォーク状態突入か。
ポンド/円《月足アドバンスドチャート》
MISSION 001買い発生中。-1σに向け再度下落中。
ポンド/円《週足アドバンスドチャート》
+1σタッチで反落中。
ポンド/円《日足アドバンスドチャート》
CL割れ。-1σまで戻せばMISSION 004買い。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:ポンド/円
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 001(月足)。買い。
エグジット根拠:アメリカ雇用統計が控えていたため。
獲得損益:+7,019円

恒例の月一イベントがやって来たので、ポンド/円を一旦手仕舞い。再度インするかは考え中です。
勝ちパターン的には売り方向で見ていた豪ドル/ドルが強い。
月足チャートを見ると過去1年間-1σ~+2σで推移しており、仮にこのままの勢いで+2σを上抜けてくるようだと
MISSION 002買い発生で長期上昇相場突入もありえる。
監視しているカナダ/スイスに先駆けて豪ドル/スイスが長期間形成していたレンジをブレイクする可能性も出てきた
ので買ってみても面白そう。
ビットコインは買われる理由がよく分からないが上昇している。でも、今の価格で買う勇気はないので様子見。
低空飛行を続けている有望そうなアルトコインの買い増しは継続中です。

P.S.
リステリンの紫を初めて買ってみたんだけど、口の中が爆発するかと思った。
あまりの衝撃に思わずタイトルにまでしてしまった。
あれはとんでもない代物だ。気をつけろ。

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。

FXMZ獲得損益:+189,526円 (2017.7.23更新)
ビットコイン及びアルトコインへの投資:+4,500,000円

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

たくさんのfx業者に口座開設してきた中で、最終的にここに落ち着きました↓

取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
サブ口座が14口座まで作れるのが最大のポイント。FXMZの時間軸に応じた使い分けに適しているので重宝しています。
口座開設

国内仮想通貨取引所、1箇所選ぶならここ↓

送金時二段階認証などセキュリティ対策もバッチリ。
不正ログインによる損失補償もあり。
なによりUIに無駄がなくてとても使いやすいです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

値上がり期待の暗号通貨

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメイン
からそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。


アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 49448総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る