豪ドル/ドルが週足+1σを上回ってきた。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク後、CL~+1σ間で推移。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。CL到達後反発、かろうじて+1σ上抜け。
CLも上向きつつあるので、売りの勝ちパターンは慎重になるべき局面。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 006売り消滅。+2σ近辺まで上昇。CL上向きに変化。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

《来週も下値を探る展開が続きそう》とかコメントしてましたが、陽線続きの1週間でした(笑)
OANDAの週足では終値で+1σを僅かに上回ってきており、さらに週足及び日足でCLが上向くなど
相場に変化の兆候が見られるので売りには慎重になる必要がありそう(買いしかするつもりないけど)。
かといって、大相場に発展するのは大歓迎なのですが、焦って一気に買いポジションを増やした挙句逆行とか
最悪なので、自滅しないよう気を付けたい。

スマホの機種変タイミングが近づいてるので、それに併せて取引環境の見直しを検討しています。
今までは通信費をできるだけ抑えようと躍起になっていましたが、
これからは通信費をケチるんじゃなく、確定利益を1円でも増やす方向に力を注ぐつもりです。

2016-09-24_18h02_592016-09-24_18h03_112016-09-24_18h03_232016-09-24_18h03_472016-09-24_18h04_10

将来性に期待して買った暗号通貨《第1回目》

買って持ってる暗号通貨を晒していくシリーズ第1回目。

shikihime179_2《持ってる暗号通貨たち》※時価総額が大きい順
Bitcoin(BTC)・・・暗号通貨界の基軸通貨。ランキング1位。
Ripple(XRP)・・・銀行間送金システムをより円滑にする
ブリッジ通貨。ランキング3位。
GameCredits(GAME)・・・オンラインゲーム専用暗号通貨。
ランキング31位。

長期保有するものは時価総額ランキングで10位以内に入っているものから選ぶと自分なりのルールを設けています。本命は5位以内から。基準に該当しているのはBitcoinとRipple。少し前まではBitcoin一択でしたが、
金融機関に煙たがられているBitcoinよりも(Bitcoinが普及すれば金融機関が不要になると言われている)、
事業戦略が既存の金融システムと敵対するものでなく延長線上にあるRippleの方がより実現性が高いのではないかと考えるようになり、BitcoinとRippleの両方にベットすることにしました。
価格形成が完全に市場に委ねられているBitcoinと異なり、RippleはRipple社がXRPの値上がりを収益の柱として位置付けていることから積極的に市場に材料を提供してくれる点も心強く感じられます(※)。
両方頓挫してしまう最悪のシナリオもありえますが、両方とも数十倍になる最高のシナリオしか描いてません(笑)。
時価総額が低いGameCreditsはある程度値上がりしたら売却します。
暗号通貨への投資は数倍~数十倍になるかor無価値になるかのどちらかだと覚悟して手を出しています。
前にも言いましたが推奨はしません。フィアット(法定通貨)の方が現状支持されているのは疑いようがないので。

※自分なりに情報収集した上での勝手な解釈なので、間違ってる可能性があります。
各暗号通貨のビジョンやロジックは非常に難解でど素人では理解できない部分も多いですし、
自分の納得理解できないものには投資するなというバフェットの格言にも反するので、
暗号通貨への投資は自己責任でお願いします。

時価総額ランキング:Crypto-Currency Market Capitalizations

国内で最も取扱通貨数が多い取引所です。Ripple(XRP)も買えるよ↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログがなんかおかしい。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。CL到達。レンジ相場。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 006売り発生中。
CLの傾き及びバンド形状からもう1段階の下げに警戒。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

月足CL=週足CL=0.745(値が若干変化したので先週の0.75から訂正)の下抜けを試した1週間だった。
今週はブレイクされなかったものの、来週も下値を探る展開が続きそうなので、
月足-1σまでの下落は想定しておく必要があると考えています。

数日前にWordPressとテーマがそれぞれバージョンアップされていたので、
最新版へのアップデートを行ったのですが、アップデート以降ブログが正常に表示されなくなりました。
記事をクリックすると、一瞬だけブログタイトル等が小さい文字で表示された画面が表示されてしまいます。
これから設定をいじくってみるので、元に戻るまでしばらくお待ちください。 直りました('w')

2016-09-17_18h17_322016-09-17_20h08_452016-09-17_18h17_562016-09-17_18h18_302016-09-17_18h18_17

新サービスを立て続けにリリース!!!OANDAが本気を出してきた。

管理人がFX MISSION ZEROの実弾トレードを行っているOANDA Japanが、
先日ふたつの新サービスを立て続けにリリースしました。
shikihime124_1
新サービスその1:《My外貨》
サービス内容:最大レバレッジ2倍までの外貨購入サービス。
取扱通貨ペア10種類。最小取引単位1万通貨。
→FXMZの推奨レバレッジは2倍程度なので(そもそも最大でも2倍までしかかけられない商品設計になっている)、資金力のある人向けという印象。さらに、現時点ではクロス円しか対応していないようなので、多くの通貨ペアの監視とポジションの分散が前提となるFXMZには不向きです。資金管理が出来る人にはベーシックコースかプロコース(取扱通貨ペア71種類、最小取引単位1通貨)をオススメします。

新サービスその2:《OANDA Japan FX》
サービス内容:ベーシックコースよりも大きな取引量をプロコースよりも狭いスプレッドで取引できるMT4用口座。約定遅延を避ける為サーバーを東京に設置。通貨ペア数23(USD/EUR/GBP/JPY/AUD/NZD/CAD/CHFの組合せ)。
→公式サイトのキャプチャを見ても分かるようこちらの新サービスも最小取引単位が1万通貨なので、資金力のある人向けと言わざるを得ない。ただ、主要通貨ペアは取引できるようですし、国内業者でMT4を採用するところがどんどん減少する中でこの条件は悪くないと思います。私はMT4のレイアウトがあまり好きではないので取引には使用していませんが、MT4愛用者は一考の余地ありかもしれません。
2016-09-10_11h22_51

 

今回のふたつの新サービスは私の資金力ではお呼びでないものだったのでやや否定的な記事になってしまいましたが、OANDAの強みは約定力(スイスフランショックでも異常なスリッページは発生しなかった)と他社を寄せ付けない圧倒的な通貨ペア数だと思っています。そこを維持しつつ顧客に選択肢を増やしてくれるのは非常にありがたいですし、顧客の要望に耳を傾けてサービスの向上をはかってくれる優良業者の側面を再確認できた気がします。

口座開設を検討している方は下記のバナー経由でしてくれると更新の励みになります('w')
アフィリエイト報酬なんて鐚一文もやりたくないわという方は公式サイトをググってみてね。

豪ドル/ドルは下げ止まってはいなかった。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。直近高値到達後反落。レンジ相場。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
+2σ到達後崩れ-1σタッチ。MISSION 007買いの可能性もあるが、
CLの傾き及びバンド形状からもう1段階の下げに警戒。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

上昇再開したかに見えた豪ドルだが週後半に売り込まれる展開に。大相場到来はまたしてもお預けの予感。
ひとつの節目と考えられる0.75で持ち堪えるかそれとも崩れてしまうのかに注目。ポジション構築継続中。
地味にビットコインが買われており64,000円台まで回復中。ハッキング被害前の水準まで戻してほしい。

2016-09-10_19h19_142016-09-10_19h19_272016-09-10_19h19_372016-09-10_19h20_162016-09-10_19h20_01

豪ドル/ドル、下げ止まったか!?

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗→CLで反発。レンジ相場。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
-2σタッチで反発。だが、CLの傾き及びバンド形状からは売り優勢か。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

月足が確定し依然としてセンターラインより上で推移しています。今週0.75割れを試しましたが、破られなかったことからこのあたりが強めの抵抗として機能している模様。また、全体的にドルが強かった印象がありますが、豪ドルも買われたので、結果的に豪ドル/ドルが大きく崩れるには至らなかったようです。
クロス円の大幅下落が遠のいてしまったことで、けんさんがクロス円の長期目線を一旦フラットにされました。
メルマガを読み確かに資金効率を考えれば正しい判断だと思いました。
暗号通貨への投下資金の大半もビットコインの長期保有なので、為替では週足トレード再開もありかなぁ。
9月に突入し2016年も残すところ1/3。時間の流れが年々加速度を増してるように感じられ、
このままではあっという間に一生を終えてしまいそうな気がする。早く投資で大成功しなければ。

2016-09-03_15h14_202016-09-03_15h14_302016-09-03_15h14_392016-09-03_15h13_472016-09-03_15h14_01

豪ドル/ドルが続落中。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗。BBが水平になりつつあるのでレンジ移行か。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
準MISSION 001売り発生中。-2σ到達。下放れる可能性あり。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。

豪ドル/ドルがまた金曜に崩れました(笑)。日足-2σまで一気に下落するほど勢いがありバンドも拡大しているので、下落トレンド入りした可能性があります(短期の話です)。月足CL=週足CL=0.75をひとつの下落目処と考えていますが、ここで下げ止まらなくても問題なし。MISSION 010で買い込みたい数量の1/3程度しかポジションを持てていないので。豪ドル/ドルに関して危惧するのはスワップ逆転の可能性のみ。今は利上げを示唆しているアメリカもいずれ緩和に舵を切るだろうからそれほど心配はしていませんけど・・・

2016-08-27_10h21_542016-08-27_10h22_052016-08-27_10h22_222016-08-27_10h22_572016-08-27_10h22_42

豪ドル/ドルが崩れたので指値が次々に約定した。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達で一服感ありか。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗。BBが水平になりつつあるのでレンジ移行か。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
準MISSION 001売り発生中。最大下落目処は-2σ付近。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。

豪ドル/ドルが金曜に崩れました。影響を与えそうな経済指標はなかった気がしますが、一体なぜ?
日足のチャート形状がやや歪ではあるものの、これをMISSION 001売りと判断すると、最大下落目処は-2σ付近。
(MISSION 005買いによるCL反発の可能性よりも上位足の形状から続落の可能性が高いかと)
月足CL=週足CL=日足-2σ=0.75となっているので、強固なサポートになると思っています。
順調にポジションが増えていますが引き続き指値を並べて拾っていきます。

2016-08-20_10h19_162016-08-20_10h19_292016-08-20_10h19_412016-08-20_10h20_302016-08-20_10h20_12

豪ドル/ドルのポジションを増やすチャンスかもしれない。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
BB収束中。長期間突破できなかったCLを終値でブレイク。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 004売り&MISSION 007売り発生中。
+1σブレイク失敗。BBが水平になりつつあるのでレンジ移行か。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 006買い発生中。週足形状から+1σ下抜けのシナリオも。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 006売り発生中。MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。

週足で+1σを上回れなかったことから豪ドル/ドルの本格上昇はお預けの可能性あり。ただ、仮に下落するとしても、月足CLとほぼ重なる週足CLが強いサポートになると思っているので、ここは買い増していきたいところ。
取引所に預けっ放しにしていたビットコインをハードウェアウォレットLedger Nano Sに移動。これからは必要な時に必要な分だけ取引所に送金する。暗号通貨ゆえの面倒くささに多少辟易しているが、将来得られる莫大なリターンを信じてホールド。

2016-08-13_14h19_302016-08-13_14h19_392016-08-13_14h19_492016-08-13_14h20_322016-08-13_14h20_19

ハードウェアウォレットLedger Nano Sを買ってみた。

暗号通貨取引所を標的としたハッキングが後を絶ちません。
ビットコインが盗難に遭った場合、取引所が被害額を補償してくれるかはケースバイケース。
shikihime161_3
自分のビットコインは自分で守るしかないということで、
ようやく重い腰を上げハードウェアウォレットを導入しました。
今回私が購入したのは発売されたばかりの仏Ledger社製USB
トークン型ビットコインウォレット《Ledger Nano S》です。
Ledger社製品を選んだ理由は他社製品と比較して軽量且つ安価な為世界中で幅広く利用されており、すぐに市場から姿を消すことはなさそうだったことと、国内で暗号通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社が日本の正規代理店としてマニュアルの日本語化やサポートも行ってくれているので、不良品だった場合の問い合わせも楽だと思ったからです。

《Ledger Nano Sの特徴》
・端末に保管したビットコインを外部に送金する際は、端末の側面にある物理ボタンを押して承認しなければならない仕組みになっている→仮にハッカーにパスワードが漏れても端末毎盗まれなければ不正送金されない。
※リンクを貼っている端末の中で旧モデルのLedger Nanoだけは、物理ボタンではなく付属のセキュリティーカード上の暗号表もしくは専用のスマートフォンアプリを使って承認するタイプです。

《Ledger Nano Sがもし壊れたらビットコインは取り出せなくなるのか?》
初回設定時に付属のリカバリーシートに24文字のリカバリーフレーズを記録するよう求められます。
→新品の端末を再度購入して記録したリカバリーフレーズをもとに復元できるので大丈夫。

《実際にLedger Nano Sを触ってみた感想》
・思った以上に小さい→欲をいえば液晶画面はもっと大きい方がよかった。
携帯性をとるか視認性をとるか個人の好みによるところですが、私は次買うならKeepKeyにするかなぁ。
・設定で戸惑うことはなく、機能面では満足→取説は付属していませんがスマホ操作できればたぶん大丈夫。
※初期設定はこちらのzaif公式サイトを御覧ください→Ledger Nano S (レジャー・ナノS)日本語マニュアル
・箱はアップル製品並に洗練されているが、端末本体にそれほど高級感はない。
→とはいえネットで酷評されているTREZORのチープな質感に比べればずっと良いとは思います。
・耐久性→これに関してはなんともいえない。私の端末は購入から10ヶ月経過しましたが問題なく使えています。

《総評》価格面と機能面のバランスから及第点は超えている

《追記》対応通貨について 2017/05/21更新

 

Ledger社公式サイトからも購入できますが、Amazonでも取り扱ってます↓

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。

FXMZ獲得損益:+166,795円 (2017.5.14更新)
ビットコイン及びアルトコインへの投資:+2,500,000円

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

FXMZ 10の勝ちパターン徹底解説DVD

勝ちパターン毎の具体的なエントリー、エグジット、ロスカット方法に至るまで分かりやすく解説してあるので、FXMZを極めたい人向けの補強教材です。
10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

FX MISSION ZERO 推奨口座

《OANDA Japan》
取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
口座開設

FX MISSION ZERO 推奨口座

《Dukascopy Japan》
デューカスコピー・グループによるアルパリジャパン買収で誕生した外資系業者。取扱い通貨ペア数48。

暗号通貨の取引はまずビットコインから。

ビットコイン取引量国内No.1の実績をもつ取引所です。
サイバー攻撃等によるビットコインの盗難や消失を補償する損害保険に加入しているので安心して取引できます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン以外の暗号通貨がいろいろ購入できます↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットコインの積み立て購入ができるのは此処だけ↓

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメインからそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。





アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 45713総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る