弱い経済指標を受け豪ドルとカナダドルが急落した。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク後、CL~+1σ間で推移。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。+2σ到達後反落。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 007売り発生中。CL割れしたので更に下値を試す可能性あり。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済。
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買い発生が近いかも。
カナダ/円《週足アドバンスドチャート》画像5枚目
準MISSION 005売り発生中。
カナダ/円《日足アドバンスドチャート》画像6枚目
終値でCL割れしているので、+1σまで戻せばMISSION 004売り。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像7枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
MISSION 006売り発生中だが、準MISSION 001買い発生と判断。
ただし、-1σをしっかり上抜けているわけではないし終値確定もしていない点に注意。

豪ドル/ドルは経済指標(9月新規雇用者数)が触媒になり急落、カナダ/円も週明けから弱含んでいたところを指標で止めを刺された格好に。カナダ/円は金曜の急落時にMISSION 010で少しだけ買い増したものの、豪ドル/円は結局手出しせず。豪ドルとカナダドルが月足でトレンド転換する日は近いと思っているので、下がれば買い増しのスタンスを継続します。最近は昔ほど値動きが気にならなくなってきていて、それは無謀なレバレッジをかけていない証拠でもあるので、取り組み始めてからもう少しで1年経つFXMZを漠然とではあるものの自分なりに解釈できてきたのかなと思っていたりします。
為替とは反対に暗号通貨の方は良い感じに動いてくれていて、Ripple(XRP)とGameCredits(GAME)が上昇中。
国内金融機関ではSBIグループが先頭になりRipple(XRP)を金融機関の送金システムに組み込むべく動いています。
XRPは今まで海外取引所でしか購入できませんでしたが、国内取引所coincheckで取り扱い始めたようです。
【Ripple(リップル)取り扱いスタート】Rippleコイン(XRP)の売買・トレードビュー機能リリース!
※私は海外取引所にアカウントを作成して買いましたが、日本語対応していないので正直面倒でした(笑)。

XRPの取扱いを開始したので、日本円でXRPが買えます↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

2016-10-22_11h01_512016-10-22_11h02_012016-10-22_11h02_102016-10-22_11h02_302016-10-22_11h02_382016-10-22_11h02_472016-10-22_11h03_11

豪ドル/円で月足準MISSION 001買いが発生した。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク後、CL~+1σ間で推移。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。CLは依然上向き。CL割れを試すも反発中。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
-2σタッチで反発、CLが抵抗となり頭を抑えられている状態。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済。
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買い発生が近いかも。
カナダ/円《週足アドバンスドチャート》画像5枚目
下落トレンド継続中だが、CLを僅かに上回っているようにも見える。
MISSION 005売りになる可能性ももちろんあるが、他の時間軸のチャート形状からどちらかといえば買い目線。
カナダ/円《日足アドバンスドチャート》画像6枚目
準MISSION 002買い発生。MISSION 006買いに繋がる可能性あり。上昇目処は過去何度も弾かれている80円。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像7枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
MISSION 006売り発生中だが、準MISSION 001買い発生と判断。
ただし、-1σをしっかり上抜けているわけではないし終値確定もしていない点に注意。

豪ドル/円の月足で準MISSION 001買いが発生しました。キャプチャは載せていませんが、日足でMISSION 002買いが発生していることからも、下落トレンドが転換した可能性があります。週明けの動き次第でポジションを持つかもしれません。また、カナダ/円は既にポジション構築済みですが、MISSION 010買いの許容範囲内だと判断して追加でポジションを持つことを検討しています。豪ドル/ドルは週足及び月足CLが強固なサポートになっているものの、カナダ/円や豪ドル/円ほど分かりやすいチャート形状になっていないのでポジションは増やさずこのままで。

2016-10-15_19h34_312016-10-15_19h34_392016-10-15_19h34_492016-10-15_19h35_122016-10-15_19h35_222016-10-15_19h35_302016-10-15_19h35_58

OANDAベーシックコース契約者は要チェック!提供サービスが一部変更されます。

OANDAが10/31よりベーシックコースにおける提供サービスの一部変更を行うと発表しました。
MT4でEAによる自動売買を行っている人には悲しいお知らせになります。

shikihime229_1《サービス変更点》
追加:両建てが可能になる。
→個人的には両建てする機会がないので使うことはないと思うのですが、できないよりはできた方が良いですし、選択肢が増えたので素直に喜びたい。
廃止:MT4自動売買機能が利用不可になる。API使用不可になる。
→EAを使った自動売買をしていないので特に問題ありません。尚MT4自体が使えなくなるわけではなく、あくまで自動売買プログラムを走らせられなくなるだけです。引き続きOANDAで自動売買機能を使いたければ上級コース(プロコースorOANDA Japan FX)に変更する必要があります。API(OANDAが提供しているプラットフォーム以外の自作トレードツールなど)の場合は、過去にAPI申込履歴がある人は現在利用しているか否かに係わらず10/31より順次プロコースに移行されてしまうので、ベーシックコースへの変更希望者は別途その旨をOANDA側に伝える必要があるようなので要注意。

公式サイトの各コース内容及びスプレッド比較図を見ると、ベーシックコースの方がプロコースよりも概ねスプレッドは狭く、OANDA Japan FX(東京サーバ)は他のコースよりも取扱通貨ペア数が少なく最低取引単位も1万通貨となっているので、1回の取引量が10万通貨までに収まる裁量トレーダーは上級コースを無理に使う必要はないと思います(低レバレッジ&ポジション分散&多通貨ペア監視が基本となるFXMZなら尚更)。
2016-10-09_09h59_292016-10-09_09h54_56
MT4採用を取り止める国内業者が目立つ中での今回のOANDAの決断。MQ社に支払うライセンス料が負担になっているのは間違いないでしょうし、本音はMT4のサービスを縮小したいのかも。特定のプラットフォームだけに頼るのは止めた方が良いのかもしれません。私は普段fxTradeで取引してますけど、特別不自由感じたことないですし。

P.S.
OANDA Japan FXに顧客からの要望が多かったTRY/JPY、ZAR/JPYが追加され通貨ペア数が25に増えました。

取扱通貨ペア数71。最小取引単位1通貨。約定力に定評ありのベーシックコースの申込はこちらから↓
私もFX MISSION ZERO取引で使ってます('w')
口座開設

ビットコインが緩やかながら持ち直してきている。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク後、CL~+1σ間で推移。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。CLは依然上向きだが、
売りの勝ちパターンが機能しているちぐはぐな状態に見える。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
+1σ到達後反落し、終値でCL割れ。レンジ突入か。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済。
MISSION 006売り発生中。
カナダ/円《週足アドバンスドチャート》画像5枚目
下落トレンド継続中。CLが強い抵抗となっている。
カナダ/円《日足アドバンスドチャート》画像6枚目
+2σからCLまで一気に下落。上位足は完全に売り優勢に見えるので更に下落する可能性も視野に入れるべき。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像7枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
MISSION 006売り発生中。値動き次第で準MISSION 001買いになる可能性も出てきた。

雇用統計でそれまでとは逆の方向へ一気に動いた通貨ペアが散見され、シナリオが描きづらくなってしまった。
とはいえ、MISSION 010買いゾーンまで下げてきたらひたすら買い向かうだけ。
攻撃者による仮想通貨取引所へのハッキングが起きるたびに暴落してきたBitcoin。
単に円安の影響なのかもしれませんが、緩やかに回復基調をたどっています。
ひとまず暴落前の水準まで戻してくれることを期待しています。

2016-10-08_19h42_452016-10-08_19h42_592016-10-08_19h43_072016-10-08_19h43_262016-10-08_19h43_352016-10-08_19h43_442016-10-08_19h44_03

カナダ/円が月足MISSION 010買いゾーンに入ってきた。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク後、CL~+1σ間で推移。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。+1σを上抜いてきている。
CLも上向きつつあるので、売りの勝ちパターンは慎重になるべき局面。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
CLまで下落するも長い下髭で反発。CL依然上向き。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済。
MISSION 006売り発生中。
カナダ/円《週足アドバンスドチャート》画像5枚目
下落トレンド継続中。76円付近がひとつの抵抗になっている模様。
カナダ/円《日足アドバンスドチャート》画像6枚目
チャート形状から売り優勢と判断しているが、CLでどちらに動くか注目。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像7枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中。

カナダ/円が76円割れを試した際、発注していたMISSION 010買い指値1本が約定。
これで月足MISSION 010買いの保有ポジションが豪ドル/ドルとカナダ/円の2通貨ペアになった。
豪ドル/ドルは先週+1σを僅かに上回ってきていたが、今週さらに上値を伸ばしてきた。
今後どこかのタイミングでMISSION 002買いが発生すれば、
それが大相場へと発展する合図になるんじゃないかと考えています。
(このまま素直に上昇してくれるとは思わないけど・・・)
個人的に最も注目している暗号通貨であるRipple(XRP)の出来高が急増し買い圧力が強まっている。
Ripple社の掲げる目標1USD=1XRPになるかどうかは疑わしいけれど(単純計算で現在価格の115倍!)、
Ripple関連の情報でSNSなどがザワついてるのを見ると、暴騰する日が来るんじゃないかと思わずにはいられない。

2016-10-01_10h34_592016-10-01_10h35_092016-10-01_10h35_182016-10-01_10h35_362016-10-01_10h35_432016-10-01_10h35_522016-10-01_15h48_44

豪ドル/ドルが週足+1σを上回ってきた。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク後、CL~+1σ間で推移。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。CL到達後反発、かろうじて+1σ上抜け。
CLも上向きつつあるので、売りの勝ちパターンは慎重になるべき局面。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 006売り消滅。+2σ近辺まで上昇。CL上向きに変化。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

《来週も下値を探る展開が続きそう》とかコメントしてましたが、陽線続きの1週間でした(笑)
OANDAの週足では終値で+1σを僅かに上回ってきており、さらに週足及び日足でCLが上向くなど
相場に変化の兆候が見られるので売りには慎重になる必要がありそう(買いしかするつもりないけど)。
かといって、大相場に発展するのは大歓迎なのですが、焦って一気に買いポジションを増やした挙句逆行とか
最悪なので、自滅しないよう気を付けたい。

スマホの機種変タイミングが近づいてるので、それに併せて取引環境の見直しを検討しています。
今までは通信費をできるだけ抑えようと躍起になっていましたが、
これからは通信費をケチるんじゃなく、確定利益を1円でも増やす方向に力を注ぐつもりです。

2016-09-24_18h02_592016-09-24_18h03_112016-09-24_18h03_232016-09-24_18h03_472016-09-24_18h04_10

将来性に期待して買った暗号通貨《第1回目》

買って持ってる暗号通貨を晒していくシリーズ第1回目。

shikihime179_2《持ってる暗号通貨たち》※時価総額が大きい順
Bitcoin(BTC)・・・暗号通貨界の基軸通貨。ランキング1位。
Ripple(XRP)・・・銀行間送金システムをより円滑にする
ブリッジ通貨。ランキング3位。
GameCredits(GAME)・・・オンラインゲーム専用暗号通貨。
ランキング31位。

長期保有するものは時価総額ランキングで10位以内に入っているものから選ぶと自分なりのルールを設けています。本命は5位以内から。基準に該当しているのはBitcoinとRipple。少し前まではBitcoin一択でしたが、
金融機関に煙たがられているBitcoinよりも(Bitcoinが普及すれば金融機関が不要になると言われている)、
事業戦略が既存の金融システムと敵対するものでなく延長線上にあるRippleの方がより実現性が高いのではないかと考えるようになり、BitcoinとRippleの両方にベットすることにしました。
価格形成が完全に市場に委ねられているBitcoinと異なり、RippleはRipple社がXRPの値上がりを収益の柱として位置付けていることから積極的に市場に材料を提供してくれる点も心強く感じられます(※)。
両方頓挫してしまう最悪のシナリオもありえますが、両方とも数十倍になる最高のシナリオしか描いてません(笑)。
時価総額が低いGameCreditsはある程度値上がりしたら売却します。
暗号通貨への投資は数倍~数十倍になるかor無価値になるかのどちらかだと覚悟して手を出しています。
前にも言いましたが推奨はしません。フィアット(法定通貨)の方が現状支持されているのは疑いようがないので。

※自分なりに情報収集した上での勝手な解釈なので、間違ってる可能性があります。
各暗号通貨のビジョンやロジックは非常に難解でど素人では理解できない部分も多いですし、
自分の納得理解できないものには投資するなというバフェットの格言にも反するので、
暗号通貨への投資は自己責任でお願いします。

時価総額ランキング:Crypto-Currency Market Capitalizations

国内で最も取扱通貨数が多い取引所です。Ripple(XRP)も買えるよ↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログがなんかおかしい。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。CL到達。レンジ相場。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
MISSION 006売り発生中。
CLの傾き及びバンド形状からもう1段階の下げに警戒。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

月足CL=週足CL=0.745(値が若干変化したので先週の0.75から訂正)の下抜けを試した1週間だった。
今週はブレイクされなかったものの、来週も下値を探る展開が続きそうなので、
月足-1σまでの下落は想定しておく必要があると考えています。

数日前にWordPressとテーマがそれぞれバージョンアップされていたので、
最新版へのアップデートを行ったのですが、アップデート以降ブログが正常に表示されなくなりました。
記事をクリックすると、一瞬だけブログタイトル等が小さい文字で表示された画面が表示されてしまいます。
これから設定をいじくってみるので、元に戻るまでしばらくお待ちください。 直りました('w')

2016-09-17_18h17_322016-09-17_20h08_452016-09-17_18h17_562016-09-17_18h18_302016-09-17_18h18_17

新サービスを立て続けにリリース!!!OANDAが本気を出してきた。

管理人がFX MISSION ZEROの実弾トレードを行っているOANDA Japanが、
先日ふたつの新サービスを立て続けにリリースしました。
shikihime124_1
新サービスその1:《My外貨》
サービス内容:最大レバレッジ2倍までの外貨購入サービス。
取扱通貨ペア10種類。最小取引単位1万通貨。
→FXMZの推奨レバレッジは2倍程度なので(そもそも最大でも2倍までしかかけられない商品設計になっている)、資金力のある人向けという印象。さらに、現時点ではクロス円しか対応していないようなので、多くの通貨ペアの監視とポジションの分散が前提となるFXMZには不向きです。資金管理が出来る人にはベーシックコースかプロコース(取扱通貨ペア71種類、最小取引単位1通貨)をオススメします。

新サービスその2:《OANDA Japan FX》
サービス内容:ベーシックコースよりも大きな取引量をプロコースよりも狭いスプレッドで取引できるMT4用口座。約定遅延を避ける為サーバーを東京に設置。通貨ペア数23(USD/EUR/GBP/JPY/AUD/NZD/CAD/CHFの組合せ)。
→公式サイトのキャプチャを見ても分かるようこちらの新サービスも最小取引単位が1万通貨なので、資金力のある人向けと言わざるを得ない。ただ、主要通貨ペアは取引できるようですし、国内業者でMT4を採用するところがどんどん減少する中でこの条件は悪くないと思います。私はMT4のレイアウトがあまり好きではないので取引には使用していませんが、MT4愛用者は一考の余地ありかもしれません。
2016-09-10_11h22_51

 

今回のふたつの新サービスは私の資金力ではお呼びでないものだったのでやや否定的な記事になってしまいましたが、OANDAの強みは約定力(スイスフランショックでも異常なスリッページは発生しなかった)と他社を寄せ付けない圧倒的な通貨ペア数だと思っています。そこを維持しつつ顧客に選択肢を増やしてくれるのは非常にありがたいですし、顧客の要望に耳を傾けてサービスの向上をはかってくれる優良業者の側面を再確認できた気がします。

口座開設を検討している方は下記のバナー経由でしてくれると更新の励みになります('w')
アフィリエイト報酬なんて鐚一文もやりたくないわという方は公式サイトをググってみてね。

豪ドル/ドルは下げ止まってはいなかった。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》画像1枚目
MISSION 010買い。BB収束中。CLブレイク→+1σ到達後反落。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》画像2枚目
MISSION 007売り発生中。直近高値到達後反落。レンジ相場。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》画像3枚目
+2σ到達後崩れ-1σタッチ。MISSION 007買いの可能性もあるが、
CLの傾き及びバンド形状からもう1段階の下げに警戒。
カナダ/円《月足アドバンスドチャート》画像4枚目
MISSION 010買い:76~68円に指値発注済
MISSION 006売り発生中だが、MISSION 001買いになる可能性も。
豪ドル/円《月足アドバンスドチャート》画像5枚目
MISSION 010買い:72円付近まで下落したら打診買いする予定。
こちらもカナダ/円と同様、MISSION 006売り発生中だが、
MISSION 001買いになる可能性あり(チャート形状がカナダ/円ほど綺麗ではない)

上昇再開したかに見えた豪ドルだが週後半に売り込まれる展開に。大相場到来はまたしてもお預けの予感。
ひとつの節目と考えられる0.75で持ち堪えるかそれとも崩れてしまうのかに注目。ポジション構築継続中。
地味にビットコインが買われており64,000円台まで回復中。ハッキング被害前の水準まで戻してほしい。

2016-09-10_19h19_142016-09-10_19h19_272016-09-10_19h19_372016-09-10_19h20_162016-09-10_19h20_01

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。

FXMZ獲得損益:+173,202円 (2017.6.18更新)
ビットコイン及びアルトコインへの投資:+3,600,000円

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

FXMZ 10の勝ちパターン徹底解説DVD

勝ちパターン毎の具体的なエントリー、エグジット、ロスカット方法に至るまで分かりやすく解説してあるので、FXMZを極めたい人向けの補強教材です。
10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

FX MISSION ZERO 推奨口座

《OANDA Japan》
取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
口座開設

FX MISSION ZERO 推奨口座

《Dukascopy Japan》
デューカスコピー・グループによるアルパリジャパン買収で誕生した外資系業者。取扱い通貨ペア数48。

暗号通貨の取引はまずビットコインから。

ビットコイン取引量国内No.1の実績をもつ取引所です。
サイバー攻撃等によるビットコインの盗難や消失を補償する損害保険に加入しているので安心して取引できます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン以外の暗号通貨がいろいろ購入できます。送金時二段階認証追加などセキュリティも向上。不正ログインによる損失補償が100万まで受けられるようになりました。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットコインの積み立て購入ができるのは此処だけ↓

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメインからそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。





アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 47447総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る