マジか!?金融庁がFXのレバレッジ制限の更なる引き下げを検討。最大25倍が10倍程度にまで引き下げられる見通し。

これは痛い(>_<)
→日本経済新聞:FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し

いかにMAXレバ3倍程度を推奨しているFXMZでもこの変更は流石にきつい。
これまでと変わらないポジション量で取引しようとすると、単純計算で必要証拠金が2.5倍になるからです。
まだ確定ではなさそうですが、今年に入ってから法人のレバレッジ上限が変更されていることから、
個人口座の方も時間の問題ではないかと考えています。
表向きは業者破綻リスクの軽減や個人投資家保護の為とされているけど、本音は為替取引の旨味を削いで
株式投資にシフトさせたいのだと思う。
実施日が明らかになったら一旦ポジションを整理して資金管理の再設定を迫られることになりそうです。

金融庁繋がりでもうひとつ。
金融庁から9/29に仮想通貨交換業者登録一覧が公表されました。
登録業者名は以下の通り↓
・株式会社マネーパートナーズ
・QUOINE株式会社 ※仮想通貨取引所QUOINEX運営
・株式会社bitFlyer
・ビットバンク株式会社
・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
GMOコイン株式会社
ビットトレード株式会社
・BTCボックス株式会社
・株式会社ビットポイントジャパン
・株式会社フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ株式会社 ※仮想通貨取引所Zaif運営会社

coincheckの名前が見当たりませんが、資料をよくよく見ると17社が継続審査中の文言が書かれている。
国内業者で一番取扱通貨数が多いことや匿名通貨を扱っていることが影響しているのかもしれません。
twitter上で同社社長も心配はいらないとのメッセージを発信しているので、たぶん大丈夫。きっと大丈夫。

ちなみに、継続審査中扱いになった取引所は結果が出るまで営業できなくなるのかというと、
同資料に以下の記述があるので結果が出るまでは今まで通り営業はできるとのこと。
資金決済に関する法律の一部改正に伴う経過措置により、平成29年4月1日より前に、現に仮想通貨交換業を行っていた者は、平成29年4月1日から起算して6月間に登録の申請をした場合は、その期間を経過した後も、その申請について登録又は登録の拒否の処分があるまでの間、当該仮想通貨交換業を行うことができるとされています。

FXの時代から仮想通貨取引の時代になるのかなぁ。

《登録期限迫る》マイナー仮想通貨取引所は廃業する可能性があります。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。MISSION 001 売り警戒。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
MISSION 004 買い売り発生中。
カナダ/スイス《月足アドバンスドチャート》
MISSION 002 買い発生中。
カナダ/スイス《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。MISSION 001 売り警戒。
カナダ/スイス《日足アドバンスドチャート》
MISSION 001 売り発生中。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:日足で長い陰線が出現した為。
獲得損益:+14,852円

通貨ペア:カナダ/スイス
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:日足でMISSION 001 売りが発生した為。
獲得損益:+4,242円

短期・中期の時間軸では豪ドル/ドルとカナダ/スイスが調整入りした可能性あり。
BBと水平ラインから判断したサポートされそうな価格帯に指値を並べて様子を見ることにする。
暗号通貨界隈の今週の動き。
資産:先週末時点と比較して法定通貨換算で+500,000円ほど回復。
中国:マイニング禁止には今のところなっていないが、国内で相次いでVPNが繋がらなくなった模様。
共産党の党大会が2017/10/18に予定されておりその一環だと考えられる。その前後に新たな動きがあるとの噂。
イーサリアム:申請されていたイーサリアムETFは期限が延長された。爆上げはお預け。
国内:国内取引所の営業が来月から登録制になるが、現時点で金融庁のお墨付きを貰ったところは1社もなし。
期限が今月末である9/30に設定されているので、来週中にはなんらかの形で発表があるはず。
ユーザーの多いbitFlyercoincheckZaif、大手系列のGMOコインやまもなくサービス開始予定のSBI Virtual Currenciesあたりは心配いらないと思うが、その他資金力に乏しい取引所は廃業する可能性があるので要注意。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》

豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》

 

中国発の暴落に巻き込まれた。

数ヶ月に1度はやって来る暗号通貨市場の暴落。今回もなかなかの破壊力だった。
値動き的には、大幅下落→4割戻す→ヨコヨコ、で週末を迎えています。

 

 

1.中国当局が国内取引所すべてに閉鎖を求める通達を出したこと※
2.JPモルガンのCEOがビットコインに対し否定的な発言を行ったこと
※当局がP2Pネットワークと海外取引所の接続をシャットダウンさせる計画があるとする怪文書が出回っており、
もしこれが事実だとすれば中国国内のマイニング業者は廃業に追い込まれる可能性がある。
さらなる下落を警戒する必要があるかもしれません。

1は先週末の時点で一報が入ってきていたものの、界隈の関係者の多くがデマだと切り捨てていたので、
万が一を想定していてきちんと対処できた人はそういなかったように思う。
私は現物と同量のビットコインをヘッジでショートするつもりだったけど、十分な証拠金がなかったので諦めた。
こういうとき売りでも買いでも入れる本物のトレーダーは強いと改めて感じた。
2はタイミングが悪く1による下落スピードが増幅してしまった形となった。
おかげで円建てでは資産が一時半減する事態に。

ビットコイン、イーサリアム、ネム、この3通貨の価格推移がこちら↓

 

 

 

 

 

 

ちなみに、
ビットコイン建てではイーサとネムほとんど下がってません↓

この2通貨とも材料が控えていて強そうなので少し買い増した。
 
下落がこれで止まるのかは分からない。
でも、国内に目を転じてみるとGMOやDMMなど大手企業がマイニング事業を手掛けると聞くし、
ロシアに至っては国を挙げてマイニングに乗り出してくる。
長い目でみればそう悲観的になる必要はないはず・・・

中国がまたキナ臭くなってきた。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイス《月足アドバンスドチャート》
MISSION 002 買い発生中。
カナダ/スイス《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイス《日足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:証拠金に余裕を持たせるため。
獲得損益:+6,658円

通貨ペア:カナダ/スイス
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:証拠金に余裕を持たせるため。
獲得損益:+7,705円

中国国内におけるICO禁止に続いて、
近いうちに中国国内のビットコイン取引所が閉鎖されることになるというニュースが流れてきた。
→日本経済新聞:中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落
過去にも中国発の似たような報道が度々あったので個人的には今回もフェイクであってほしい。
でも、ソース元がある程度信頼できるメディアなのでひょっとすると・・・
また、この件に加えて11月頃にはビットコインの分裂危機が再びやって来ると言われている。
さらに悪いことに暗号通貨取引にかかる税金が予想以上に厳しくなる可能性も出てきた。
これまでは暗号通貨を法定通貨に戻したときのみ課税対象になるとされていたが、
カード決済分やビットコイン⇔アルトコイン及びアルトコイン⇔アルトコインも対象になるという新説が急浮上。
仮にこれが本当であれば正確な収支を出せる人なんて皆無だと思うんだけど。
他にもマイニングやレンディングで得た収益はどうなるのかなど不透明な部分が多々あり、
最終的に通達される内容によっては税金を支払うための利益確定で暴落する可能性も出てきました。
(日本人保有者が多いと言われるXRPやXEMは特にやばいことになりそう)
暗号通貨市場のボラティリティは魅力的ではあるけど、管理の問題が常に付き纏うので、
現状でもハイリスク・ハイリターンだと認識しています。
これから市場が洗練されてくれば次第にボラティリティは一定の範囲に収束してくるはずで、
その一方で失うリスクや税負担がすぐには軽減しないのなら(FX税制の変遷をまんま暗号通貨に当て嵌めた場合)
暗号通貨に拘る必要はないと言わざるを得ません。
これから年末にかけての諸々の動き次第では暗号通貨に見切りをつける人が出てくるのは不可避だと思っています。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》

豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》

 

ワベスを貸し出してみた。

ただ寝かしておくのも勿体なかったので、
Waves(WAVES)を貸し出してお小遣い稼ぎに挑戦してみた。

 

 

 
リース方法は以下の通り↓
1.bittrexなどでWavesを購入
2.Wavesクライアントウォレットをダウンロード
3.取引所からウォレットへ送金
4.リースしたい数量&リース先を選択する ※私は今回WavesGoを選びました。

やることはたったこれだけ。拍子抜けするくらい簡単です。
あとは週1回(金曜日)報酬が振り込まれるはずなのでウォレットを都度確認。
因みにリースは中断しない限り自動更新される仕様になっています。

今回の貸出額は初回ということもあり、お試しで500WAVESのみ。
その結果・・・Waves以外にも謎のトークンがいっぱい貰えました!
貰えたのは全部で5種類。
Waves:0.00479009
BinanceVote:1
WavesGo:2.67556287
MinerReward:0.23
Wavesnode.NET:0.57363298
これらのトークンはWavesの分散型取引所DEXで売買できるとのこと。

やってみて分かったことは
Waves本体はそれほど貰えないということ。あくまでもオマケ程度。
なお、リース先はWavesGo以外にもいろいろあるみたいで、
リース先によって報酬も異なるようです。次はリース先を変更してやってみようと思います。

P.S.
Byteball(GBYTE)がCoincheckに上場されるかもしれないという噂が広まっています。
根拠はGBYTE/JPYのコードがCoincheckのAPIに含まれていることが判明したから。
私もこの情報を把握してすぐに公式サイトに飛んでこの目で確認しました。
※twitter上で話題になったからかその後サイトからは削除されたので今は確認できません。
これが本当であれば反転するきっかけになるかもしれませんね。
FXMZ月足確定。豪ドル/ドルはMISSION 002 買い&MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイスもMISSION 002 買い発生中。押し目は積極的に拾っていきたい。

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。

FXMZ獲得損益:+258,561円 (2017.11.19更新)
ビットコイン及びアルトコインへの投資:+6,000,000円

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

たくさんのfx業者に口座開設してきた中で、最終的にここに落ち着きました↓

取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
サブ口座が14口座まで作れるのが最大のポイント。FXMZの時間軸に応じた使い分けに適しているので重宝しています。
口座開設

国内仮想通貨取引所、1箇所選ぶならここ↓

送金時二段階認証などセキュリティ対策もバッチリ。
不正ログインによる損失補償もあり。
なによりUIに無駄がなくてとても使いやすいです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ガチホしてる暗号通貨

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメイン
からそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。


アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 54049総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る