狼狽してガチホ枠売りそうになってしまったよ。

今週仕掛けられた更なる売り浴びせは強烈だった。
去年の10月からの上昇分が帳消しになる程の下げだったから耐えきれず投げた人も多かったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 
ビットコインがこうなるとイーサを含むアルト達が耐えられるわけもなく↓

 

 

 

 

 

 

 

 
自分でも最後のワンクリックをせずに踏み止まれた理由が未だによく分からない。2/6の自分Good Job。

米商品先物取引委員会(CFTC)と米証券取引委員会(SEC)の代表が招集されたことから
テザー問題に言及する可能性のあった米議会の公聴会。結局テザーの件には触れられなかったようだし、
公聴会の場での「若い世代の仮想通貨への熱意に敬意を示し、切り捨てるのではなく思慮深い規制対応をすべき」
との発言から現時点では仮想通貨に対して過度の規制を行うつもりはなさそうなので少し安心した。
→参考:米CFTCジャンカルロ委員長の米議会証言が秀逸
でも、結局のところ仮想通貨はお上の匙加減でどうとでもなることが分かってしまった。
ずっとは続けられない。目標金額までいったら迷わず逃げることにするp(・∩・)q

コインチェックの日本円出金が2/13にも再開される見通しとなった。
拘束されてるコインが動かせるようになるわけじゃないので市場に与える影響は限定的な気がするけど・・・

Ledger Nano Sを持っている人は要注意。

今週の値動きは握力を試された。
次から次へと狼狽売りを誘発する以下のネタが降り注いできたわけですから↓
・テザー疑惑(ビットコインの価格吊り上げ疑惑)→真偽不明
・インドの暗号通貨禁止→のちに誤訳と判明
・コインチェックに金融庁立ち入り→立ち入り後にネム以外の預り資産は無事と改めてアナウンス
最も下落スピードを増幅させたのはテザー疑惑だと思われます。
テザー社が監査法人と関係打ち切りの噂でUSDT巡る疑惑高まる
仮想通貨に新たな疑惑? ビットコインをはじめ、仮想通貨市場そのものを崩壊させかねない「テザー」疑惑とは
記事読んだ上での感想としては、
ドルの裏付けのないテザーがあったとしても、ビットコイン以外のアルトもどんどん台頭してきてる中で
市場規模的にも崩壊するトリガーになるとは思えません。焼け野原になったら潔く諦めます(_ _。)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
コインチェック問題が収束しない限りは本格上昇は難しいと思います。しばらく低調な相場が続きそうな予感。

《追記》
Ledger Nano Sを普段から使っている人に注意喚起しておきます。
各取引所で買ったコインをLedger Nano Sに送金する場合の受取アドレスがマルウェアにより
勝手に書き換えられてしまう可能性があるそうです。
第三者のアドレスだと気づかずに送ってしまったらまず戻って来ません。
ハードウェアウォレットといえど過信は禁物なようです。
Ledger社が公式に対応してくれるまでは
(1)アドレスに間違いがないか確認する(2)少額で実際に試してから送金する、を徹底した方が良いでしょう。
このブロガーさんの記事が分かりやすいです↓
注意!Ledger Nano S 公式から受信アドレスをハックされる危険性のレポート!!

コインチェックのネム流出で肝を冷やした。

 

 

 
連日メディアを賑わせていたcoincheckのNEM流出問題。
被害額が580億円相当と巨額で一瞬倒産の二文字がチラついた。
各メディアは補填できるわけがなく倒産するしかないという論調だったけど、
twitter上ではcoincheckの直近のビットコイン取引高などから売上高や利益を算出、
自己資金で十分補填できるという冷静な意見が多くみられた。

そしてcoincheck側が数時間前に発表した補償内容が
NEMによる返金ではなく日本円による返金。返済額がZaifのレートを参考に
売買停止から補償方針リリース配信時までの加重平均価格から算出した金額になるという。
これでは納得しないNEM保有者もいるだろうから内容変更は今後あるかもしれないけど。

当然私も口座開設して使ってたので被害者の一人です。
ただ取引所で買ったコインはハードウェアウォレットに移すクセをつけていたので
(メジャー通貨であればTREZORかLedger Nano Sのどちらかがほぼほぼ対応しています)
最悪0になっても端数分のXRPと買い増し用資金少しだけだったのでまだ諦められる金額でした。
→参考:過去記事ハードウェアウォレットLedger Nano Sを買ってみた。

これで仮想通貨に見切りをつけて去っていく新規参入組もいるだろうけど、
市場は比較的冷静に成行を見守っていたように思える。一昔前なら間違いなく暴落コースまっしぐらの出来事。

 

 

coincheckのアフィリエイト外そうかとも思ったけどもう少し様子を見てからにします。
なんだかんだこの取引所経由で知ったコインで儲けさせてもらったし、これからに期待を込めて。
そもそも登録する人全然いないですしね(笑)

《追記》
金融庁がcoincheckの行政処分に乗り出すようです。一時的に業務停止になるかもしれませんが
FX業者なんかでも過去何度も同様のことあったしそれほど心配はいらないでしょう。
ただし今回の件で金融庁の認可が下りない理由がほぼ匿名通貨にあることが分かってしまったので
遠くないうちに取扱中止になる気がします。ホルダーは手放した方がいいかもしれませんね。

ナイアガラ再び。

年末年始に上げ過ぎた反動だろうか、ビットコイン発のナイアガラがまた発生した。
確か1か月くらい前にもあった気がするけど、あまりにも頻繁に起こるので記憶が曖昧だ。
さすが「毎日がリーマンショック」と表現される仮想通貨市場のボラティリティ。
余談ですが、相場に大変動が起こるとアクセス数が急に増えますね(^_^;)
他人の資産がどうなったのか気になる人が多いのでしょう。
私もこういうとき他の人のブログ見に行きますもん、気持ち分かります。
資産が減って意気消沈してしまってる方、ご安心ください。今回の暴落で私も思いっきりダメージ食らってます↓

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の急落は日本勢の狼狽連鎖売りが中心の下落みたいです。
本当かどうか分かりませんがbitFlyerFXのCB発動が発端という説も。
ただ原資回収済み+ある程度の確定利益+税金支払いに充てる法定通貨も準備済みという
状況なので割と冷静に見ていられます。現物オンリー最強です。

イーサも買い増しのチャンス到来だったのに枚数増やすことはできなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

指値しておかなかったのが悔やまれる。
ここ数年奇数月の中旬に大きめの調整が起きる傾向にあるようで、
この法則+いくつかの暴落フラグも立っていたことから事前予測して警告出してた人もtwitter上で見かけた。
3月中旬にも何か起こるかもしれない。用心しておこう。

仮想通貨取引の売買損益計算ツールが続々と登場している。
私も何種類か試させてもらったけど現時点で最も使えると判断したのがcryptact。←無料で使えます
基本的な使い方は各取引所から取引履歴CSVをダウンロードしてcryptactにアップロードするだけ。
あとは損益を自動計算してくれるのでものすごいラクです。金額もだいたい合ってる気がする。
取引履歴も個人情報の一部なのでそれを業者に委ねるのに抵抗がある人は税理士に頼んだ方が無難ですが、
地方ど田舎在住の自分にはそれが難しいので確定申告にはこれで臨むことにした。
使う使わないは自己判断自己責任でお願いします:公式サイト→https://www.cryptact.com

FXMZ最近全然触れてないけど続けてます。
豪ドル/ドルがだいぶ戻してきたのでポジション軽くしてる最中。
レバ規制のときあたふたしたくないので早めに動いてます。

イーサと白玉が来てる。

年末にイーサが20万行ってくれれば御の字って書きました。
それから僅か2週間、イーサぐいぐい来てます╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !←最近この絵文字が気に入ってるw

 

 

 

 

 

 

 

 
上がってる理由は諸説あって
・ICOに投入するために一時的に買われてるだけ説
・イーサのPoS移行前にできるだけ集めたい勢が増えた説
・王者ビットコインが軟調なので材料盛り沢山のイーサに流れてる説
おそらく全部正解だと思ってます。
需要が増えたおかげでイーサに送金詰まりが起きてて「イーサ使えねー」と思ってる人もいるみたいですが、
その状態が度々起きるビットコインとイーサリアムはそれだけ使われているという証拠でもあります。
技術的なことはよく分からないのですが、ブロックサイズと送金詰まりはあまり関係がないみたい。
(因みにイーサはブロックサイズ無制限です)
その他のコインは詰まるほど使われていない。つまり、このふたつは数千種類ある仮想通貨の中でも別格。
結論。ビットコインとイーサリアムはポートフォリオからは外せないし、まだ売らない。

イーサ以外の保有通貨の中で勢いづいてるのがバイトボール。界隈では白玉と呼ばれている←コレ豆知識
12月中旬に底打った可能性ありって紹介はしたけど、買われてる理由がホント謎。
開発運営がマーケティング担当を増やしたらしいけど、その期待上げ? いやまさかね。

 

 過去最高値まで戻ると信じるのであればここからインしても4~5倍は狙えますね。責任は持たないけど。

それではまた来週。

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。
→盛り上がってきました。

FXMZ獲得損益:+263,871円 (2018.04.15更新)
◆ビットコイン及びアルトコインへの投資◆
2017年:+752万
2018年:

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

たくさんのfx業者に口座開設してきた中で、最終的にここに落ち着きました↓

取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
サブ口座が14口座まで作れるのが最大のポイント。FXMZの時間軸に応じた使い分けに適しているので重宝しています。
口座開設

国内仮想通貨取引所、1箇所選ぶならここ↓

送金時二段階認証などセキュリティ対策もバッチリ。
不正ログインによる損失補償もあり。
なによりUIに無駄がなくてとても使いやすいです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ガチホしてる暗号通貨

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメイン
からそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。


アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 58059総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る