中国がまたキナ臭くなってきた。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイス《月足アドバンスドチャート》
MISSION 002 買い発生中。
カナダ/スイス《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイス《日足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:証拠金に余裕を持たせるため。
獲得損益:+6,658円

通貨ペア:カナダ/スイス
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:証拠金に余裕を持たせるため。
獲得損益:+7,705円

中国国内におけるICO禁止に続いて、
近いうちに中国国内のビットコイン取引所が閉鎖されることになるというニュースが流れてきた。
→日本経済新聞:中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落
過去にも中国発の似たような報道が度々あったので個人的には今回もフェイクであってほしい。
でも、ソース元がある程度信頼できるメディアなのでひょっとすると・・・
また、この件に加えて11月頃にはビットコインの分裂危機が再びやって来ると言われている。
さらに悪いことに暗号通貨取引にかかる税金が予想以上に厳しくなる可能性も出てきた。
これまでは暗号通貨を法定通貨に戻したときのみ課税対象になるとされていたが、
カード決済分やビットコイン⇔アルトコイン及びアルトコイン⇔アルトコインも対象になるという新説が急浮上。
仮にこれが本当であれば正確な収支を出せる人なんて皆無だと思うんだけど。
他にもマイニングやレンディングで得た収益はどうなるのかなど不透明な部分が多々あり、
最終的に通達される内容によっては税金を支払うための利益確定で暴落する可能性も出てきました。
(日本人保有者が多いと言われるXRPやXEMは特にやばいことになりそう)
暗号通貨市場のボラティリティは魅力的ではあるけど、管理の問題が常に付き纏うので、
現状でもハイリスク・ハイリターンだと認識しています。
これから市場が洗練されてくれば次第にボラティリティは一定の範囲に収束してくるはずで、
その一方で失うリスクや税負担がすぐには軽減しないのなら(FX税制の変遷をまんま暗号通貨に当て嵌めた場合)
暗号通貨に拘る必要はないと言わざるを得ません。
これから年末にかけての諸々の動き次第では暗号通貨に見切りをつける人が出てくるのは不可避だと思っています。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》

豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》

 

ワベスを貸し出してみた。

ただ寝かしておくのも勿体なかったので、
Waves(WAVES)を貸し出してお小遣い稼ぎに挑戦してみた。

 

 

 
リース方法は以下の通り↓
1.bittrexなどでWavesを購入
2.Wavesクライアントウォレットをダウンロード
3.取引所からウォレットへ送金
4.リースしたい数量&リース先を選択する ※私は今回WavesGoを選びました。

やることはたったこれだけ。拍子抜けするくらい簡単です。
あとは週1回(金曜日)報酬が振り込まれるはずなのでウォレットを都度確認。
因みにリースは中断しない限り自動更新される仕様になっています。

今回の貸出額は初回ということもあり、お試しで500WAVESのみ。
その結果・・・Waves以外にも謎のトークンがいっぱい貰えました!
貰えたのは全部で5種類。
Waves:0.00479009
BinanceVote:1
WavesGo:2.67556287
MinerReward:0.23
Wavesnode.NET:0.57363298
これらのトークンはWavesの分散型取引所DEXで売買できるとのこと。

やってみて分かったことは
Waves本体はそれほど貰えないということ。あくまでもオマケ程度。
なお、リース先はWavesGo以外にもいろいろあるみたいで、
リース先によって報酬も異なるようです。次はリース先を変更してやってみようと思います。

P.S.
Byteball(GBYTE)がCoincheckに上場されるかもしれないという噂が広まっています。
根拠はGBYTE/JPYのコードがCoincheckのAPIに含まれていることが判明したから。
私もこの情報を把握してすぐに公式サイトに飛んでこの目で確認しました。
※twitter上で話題になったからかその後サイトからは削除されたので今は確認できません。
これが本当であれば反転するきっかけになるかもしれませんね。
FXMZ月足確定。豪ドル/ドルはMISSION 002 買い&MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイスもMISSION 002 買い発生中。押し目は積極的に拾っていきたい。

いろいろ悩んだ末、XRPを半分手放した。

5月の大相場以降下がり続けていたXRP。
今回のRipple社のカウントダウンに伴う期待上げに乗じて半分手放した。

 

 

ここでは詳細は書きませんが、多くの人が期待するような内容ではなかったため失望売りを招く結果に。
約定価格は指値0.00006500。bittrexで売りました。
チャートを確認すると悪くないところで売れたみたいですね。
今回利確したXRPは日本円にはしないで、BTCのままLedger Nano Sに移動させることに決めた。
→Ledger Nano Sに関しては過去記事参照:ハードウェアウォレットLedger Nano Sを買ってみた。

 

 

1BTC=470,000円にまで値上がりした今、
ビットコイン枚数を増やしたければ、アルトコインを売却するしか選択肢がなくなったように感じています。
さすがにこの価格では法定通貨で気軽に買えません・・・
(11月頃に法定通貨で買うチャンスがやって来るかもなので余計にそう思ってしまう)

ちなみに、twitterなどを見ると今回のRipple社の対応がボロクソ言われていますが、
XRPの値上がりで資産が増えた身なので個人的にはなんとも思っていません。
ただ、XRPが本当に使われるのかどうかやRipple社の思惑次第で価格操作も簡単に出来てしまう点など
不透明な部分があるのは確かですし、暗号通貨に対して単にボラティリティを求めるのであれば
なにもXRPに拘る必要はなくその時旬の通貨を渡り歩く方が効率的なのは間違いありません。
なので、XRPを深追いするのはもう止めることにします。

P.S.
持ってる暗号通貨の中で期待値が日々増しているのが実はWaves(WAVES)。
チャート的に0.00100000が堅く下値は限定的だと判断して多めに買っています。
バーガーキングがWavesのシステムを利用したサービスを展開すると発表した影響からか勢いづいている。
情報収集した限りではポテンシャルは高そう。ATH更新に期待大。

 

ガチホだけで儲かる相場ではなくなってきた。

akira_112215_113817_AM豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 010 買い発生中。
MISSION 002 買い発生中。
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
勝ちパターン確認できず。
カナダ/スイス《月足アドバンスドチャート》
MISSION 010 買い発生中。
MISSION 002 買い発生中。
カナダ/スイス《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイス《日足アドバンスドチャート》
MISSION 004 買い売り発生中。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:証拠金に余裕を持たせるため。
獲得損益:+11,626円

暗号通貨市場の難易度が上がってきたように思う。
今年前半まではただ買って持っていればアホみたいに上がる相場だった。
トレードスキルや知識がなくても簡単に資産を殖やすことができた。
ところが、最近になって方々でマーケットが変化してきているという声が聞かれるようになった。
全体の時価総額だけ見ると15兆円までマーケットは拡大しているけれど、
実態は毎日のようにICOが行われ新しい通貨が爆誕しまくっているだけだという。
相場を眺めていても新興通貨が上場直後に高値をつけ一気に暴落してそのまま地を這い続けたり、
なにかしらの材料が出た通貨に一斉にイナゴが群がりタワーを形成しほどなく崩壊といった場面がほとんど。
ビットコインやイーサなど本物を除いては上げが持続しないとなると、
ガチホするコインを最低限に留めて、トレードにシフトする時期に差し掛かってきたのかも。

《追記》
Bitcoin Cash(BCH)の価格が上がっている。円換算で約9~10万円。
これまではビットコインが売られればその資金はアルトコインに向かっていたが、
今回はビットコイン・キャッシュに流れているようだ。相場に変化が訪れているのは疑いようがない。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》

豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》

 

将来性に期待して買った暗号通貨《第3回目》

半年ぶりの第3回目です。

shikihime179_2《持ってる暗号通貨たち》※時価総額が大きい順
Bitcoin(BTC)・・・暗号通貨界の基軸通貨。ランキング1位。
Ethereum(ETH)・・・分散型アプリやスマートコントラクト
構築プラットフォーム。EEAが後ろ盾。ランキング2位。
Ripple(XRP)・・・銀行間送金システムをより円滑にする
ブリッジ通貨。ランキング3位。
NEM(XEM)・・・国内取引所Zaifを運営するテックビューロが
関与しているプロジェクト。今話題のCOMSAで噴くかも。ランキング5位。
Waves(WAVES)・・・分散型取引所DEXが強み。総合プラットフォームを目指しており、
方向性はイーサと似ている印象。ランキング16位。
TenX(PAY)・・・暗号通貨デビットカード決済サービス。報酬制度(配当)あり。ランキング17位。
Byteball(GBYTE)・・・ブロックチェーン技術とは異なる新技術DAG(有向非巡回グラフ)を採用。
ブロックチェーンと比較してスケーリングに優れている反面セキュリティ面では劣るとされる。
ポスト・イーサリアム。ランキング35位。
MonaCoin(MONA)・・・2ちゃんねる発の最も古い国産コイン。ランキング125位。

ビットコイン価格が1BTC=400,000円を超えてきました👏
こうもビットコインが強いと、ビットコインだけ持ってればいい気もしてきますけど、
引き続きアルトコインの爆発力に賭けていきますよ。
私の布陣は主力がイーサリアムなのは変わらず。その周りを開発・サービスの進捗に滞りがない
まともだと思えるプロジェクトで固めました。
(イーサ以外は適当なところで利食って次を探すつもりなので顔ぶれが変わるとは思いますけど)
最近は暗号通貨の価格推移を見る際、円建てに加えてビットコイン建ての数値も意識するようにしています。
今の暗号通貨市場では〈ビットコイン枚数をいかに増やすか〉を意識して大多数の人は動いてるのが明らかなので、
より大衆意識に近いのは円建てチャートよりビットコイン建てチャートなんですよね、たぶん。
この先1~2ヶ月はヨコヨコか上を目指す展開からの分裂危機再燃で超絶下落のパターンになると予想。
いつ絶好の買い場が来てもいいよう余力は確保しておきたいと思う。

時価総額ランキング:Crypto-Currency Market Capitalizations

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ひとこと。

管理人:夏ノ前日

FXMZ10の勝ちパターンでゆったりトレード実践中。
まだまだ市場規模がちいさく広く認知されていませんが、
これから盛り上がりそうな暗号通貨市場にも参戦中。

FXMZ獲得損益:+258,561円 (2017.10.15更新)
ビットコイン及びアルトコインへの投資:+4,500,000円

このブログはリンクフリーです。
お気に入り登録していただけたら嬉しいです。
ブログ村ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

10の勝ちパターン(MISSION 001~MISSION 010)
が学べるのはこちらのEブック版です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガ

勝ちパターン1~5(MISSION 001~005)までが学べる、
月額4,980円の有料サービス。質疑応答コーナーや過去スレッドで勝ちパターンへの理解を深められます。
FX MISSION ZERO

たくさんのfx業者に口座開設してきた中で、最終的にここに落ち着きました↓

取扱通貨ペア数71。約定力に定評あり。MT4も使用可能。
サブ口座が14口座まで作れるのが最大のポイント。FXMZの時間軸に応じた使い分けに適しているので重宝しています。
口座開設

国内仮想通貨取引所、1箇所選ぶならここ↓

送金時二段階認証などセキュリティ対策もバッチリ。
不正ログインによる損失補償もあり。
なによりUIに無駄がなくてとても使いやすいです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ガチホしてる暗号通貨

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ運営環境について

このブログは無料ブログサービスを利用したものではなく、サーバーをロリポップ!から、ドメインをムームードメイン
からそれぞれ借りて、オープンソースのブログソフトウェアWordPressで構築したものです。維持費は掛かりますが、無料ブログではできないカスタマイズも色々できます。


アフィリエイト広告は金融系広告が豊富なアクセストレードとTCSアフィリエイトで提携したものを中心に使用しています。

免責事項

ブログで掲載されている情報は個人的に調べたものであり、
内容の安全性・正確性を保証するものではありません。
記事で紹介した情報で被ったいかなる損害に関しても、
一切の責任を負いません。ご了承ください。

アクセスカウンター

  • 52375総閲覧数:

BTOパソコンを初めて買うなら此処がオススメ↓
しょっちゅうキャンペーンやってます!

値段は高めですが、カスタマイズできる項目が多い。
配線処理がとても綺麗なので気に入っています↓

水晶雫.com 300x600

ページ上部へ戻る