中国がまたキナ臭くなってきた。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイス《月足アドバンスドチャート》
MISSION 002 買い発生中。
カナダ/スイス《週足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。
カナダ/スイス《日足アドバンスドチャート》
MISSION 006 買い発生中。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:証拠金に余裕を持たせるため。
獲得損益:+6,658円

通貨ペア:カナダ/スイス
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:証拠金に余裕を持たせるため。
獲得損益:+7,705円

中国国内におけるICO禁止に続いて、
近いうちに中国国内のビットコイン取引所が閉鎖されることになるというニュースが流れてきた。
→日本経済新聞:中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落
過去にも中国発の似たような報道が度々あったので個人的には今回もフェイクであってほしい。
でも、ソース元がある程度信頼できるメディアなのでひょっとすると・・・
また、この件に加えて11月頃にはビットコインの分裂危機が再びやって来ると言われている。
さらに悪いことに暗号通貨取引にかかる税金が予想以上に厳しくなる可能性も出てきた。
これまでは暗号通貨を法定通貨に戻したときのみ課税対象になるとされていたが、
カード決済分やビットコイン⇔アルトコイン及びアルトコイン⇔アルトコインも対象になるという新説が急浮上。
仮にこれが本当であれば正確な収支を出せる人なんて皆無だと思うんだけど。
他にもマイニングやレンディングで得た収益はどうなるのかなど不透明な部分が多々あり、
最終的に通達される内容によっては税金を支払うための利益確定で暴落する可能性も出てきました。
(日本人保有者が多いと言われるXRPやXEMは特にやばいことになりそう)
暗号通貨市場のボラティリティは魅力的ではあるけど、管理の問題が常に付き纏うので、
現状でもハイリスク・ハイリターンだと認識しています。
これから市場が洗練されてくれば次第にボラティリティは一定の範囲に収束してくるはずで、
その一方で失うリスクや税負担がすぐには軽減しないのなら(FX税制の変遷をまんま暗号通貨に当て嵌めた場合)
暗号通貨に拘る必要はないと言わざるを得ません。
これから年末にかけての諸々の動き次第では暗号通貨に見切りをつける人が出てくるのは不可避だと思っています。

豪ドル/ドル《月足アドバンスドチャート》
豪ドル/ドル《週足アドバンスドチャート》

豪ドル/ドル《日足アドバンスドチャート》

 

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る