【WordPress導入編】MySQL利用可能数を把握しておこう。

今日はWordPressを使ったブログ作りにチャレンジしてみようかなと思ってる人向けの記事になります。
以下の2点をレンタルサーバー契約前に最低限チェックしましょう。
・MySQL(データベース)利用可能数が自分の使い方に合致しているか。
・WordPressの簡単インストール機能が付いているか。

MySQLはいわゆるデータベースのことで、WordPressを設置する上で必要になってきます。
ここからが問題なのですが、
WordPressは原則としてMySQL1つに対して1つしかインストール出来ません。しない方がよさそうなのです。
なので、最初にMySQL1つのプランで契約してしまうと、将来的に複数のブログやサイト運営をしたくなった時に、
他サービスへの引越しが必要になります。指南サイトをみてみると、MySQL1つに対して複数のWordPressをインストールし、
サイトを管理運営する方法も掲載されています。しかし、管理上のメリットやコスパを前面に押し出した記述も多く、
万が一MySQLが修復不可能な状態に陥った場合に、一元管理していたサイトがすべてパーになるリスクにはあまり触れられていません。
ブログ運営してる人は共感していただけると思いますが、今まで記事を書くために費やした時間を思えば、多少のコストはやむを得ないでしょう。
投資と同じでリスク分散は大切です。

WordPressを自力でインストールするのは意外に骨が折れる作業だそうです。簡単インストール機能が使えるレンタルサーバーと契約して、
ちゃちゃっとインストールを済ませちゃいましょう。手を抜いても構わないところでは抜く、これも大事です。

 

月額500円以下で絞ってみると、ロリポップ!ミニバードの2社が該当します。

ロリポップにはコロリポプラン月額100円(税抜)/ロリポプラン月額250円(税抜)/チカッパプラン月額500円(税抜)の3つのプランがあります。
下位プランのコロリポプランではそもそもWordPressが使えないので、問題外。
残り2つの上位サービスですが、ロリポプランはMySQLは1個のみ
最上位プランであるチカッパプランはMySQL最大で30個まで利用可能です。
ロリポプランで作れるサイトは1個で、チカッパプランでは30個サイトが作れるとイメージしてください。

一方のミニバードは月額263円(税込)のプランのみ。MySQLは5個まで利用可能。

ということで、主な選択肢はこんなカンジでしょうか↓
・サイトを増やす予定なし、MySQL1個で事足りる→ロリポップ【ロリポプラン】orミニバード
・サイトを増やすかもしれないが、MySQL5個あれば十分→ミニバード
・サイトを量産する予定があり、MySQL30個ないと不安→ロリポップ【チカッパプラン】
2社とも無料お試し期間がありますので、とりあえず両方使ってみてから考えるのもアリかもしれません(*^▽^*)
※ロリポップに限っては、データを引き継いだまま、下位プラン→上位プランへの途中変更が可能です。逆は不可。

 

最後に少し為替ネタ。
南アランド円が9.5を超えてきました(記事執筆時点では9.56)。
2/24時点では9.34付近だったのが、2/25にかけて急騰したようですね。なぜだかよく分かりませんが・・・。
さらに2/25に発表された第4四半期GDP [前期比年率]が市場予想+3.4%に対して、+3.8%。
保有ポジ決済の日も近いのか!?





この記事をシェアする

関連記事

  1. 2016.01.01

    HappyNewYear2016
  2. 2018.01.01

    HappyNewYear2018

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る