アイネット証券が提供する自動売買システム「ループ・イフダン」、これって・・・。

休日に某投資雑誌を立ち読みしていたところ、ある広告掲載ページに目が留まりました。
それはアイネット証券が提供するシストレサービス「ループ・イフダン」。
これトラリピによく似てますよね・・・。

個人的にトラリピ運用で一番危惧することは、
維持率を割り込みロスカットになることよりも、通貨の取扱い中止or廃業による強制決済だと思っています。
抱える含み損が確定利益にかわるまで耐えるのがトラリピの基本戦略になる為、
それを迎えることなく、サービス提供側の都合で含み損が確定損失にされては元も子もありません。
MT4を使用した擬似トラリピなどは以前からありましたが、
国内証券会社がこのサービスを提供し続けて果たして大丈夫なのでしょうか?
特許取得済みのM2Jの逆鱗に触れ、法的措置を執られたときのことを想像すると・・・怖くて使えません。

トラリピをやるなら、
本家M2Jでやるか、他FX会社で手動イフダン注文を入れるかのどちらかにした方が安全だと思います。

自動発注機能トラリピ(特許取得済)が使えるのは此処だけ↓

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る