トラリピの運用段階を頭の片隅に置いておこう。

いつも拝見させて戴いてる著名ブロガーMakiさんの分類によれば、トラリピは以下の運用段階に分けられるそう。
Makiさんのブログはこちら→誰もが通る道! トラップリピートイフダン (FXの自動売買) 4つのステージ。

<第1ステージ>
確定利益よりも保有ポジションの含み損が多い、苦しい時期。

<第2ステージ>
積み上げた確定利益が含み損を上回り、口座を精算してもプラスで終われる時期。

<第3ステージ>
利回りが100%を超え、自己資金をひき上げてもこれまでの確定利益で運用可能となる時期。

<第4ステージ>
レバレッジが1倍を下回り、ロスカットラインを気にすることなく運用できる時期。

 

私はまだ<第2ステージ>までしか経験がありませんが、
トラリピを再開させたら、ぜひ<第3ステージ>の世界を見てみたいなぁと思います。
もし仮に<第4ステージ>まで行けたら、これこそまさに〝不労所得〟ですね。

この記事をシェアする

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る