【悲報】元本割れが確定した件。

日経平均終値15,403(前日比+61)。
案の定、持ち越し銘柄が寄付で損切りと相成りました。
そして本日、運用開始からの確定益を確定損が上回り、元本割れ(´Д`;)

保有銘柄もなくなり、キリがいいので、今日をもって今年度の取引を終了することにしました。
IPOなんかも上場当日に初値がつくものもチラホラ。市況も勢いがなくなってきた気がする。
もしかしたら大納会あたりでまた盛り返してくるのかもしれませんが、それでも後悔しないと思えたからです。

〝このままイザナミ使い続けるのはしんどいかなぁ〟というのが率直な心境です。
それで、次の選択肢の中からどれか選ぼうと思っています。

①このまま運用停止ラインまで続ける
②追加資金を投入しつつ、運用継続
③纏まった資金が出来るまで、一旦休止

ブログ拝見させていただいた限り、50~100万の資金で開始して、既に運用停止されてる方もいらっしゃるようですね。
その方は市販戦略使ってたらしいですが、それでもダメなのか(-_-;)

確かトレシズさんもブログで
〝運用資金50万円の最適分散投資ファイルは調整が難しい〟って趣旨の発言してたっけ。
レバレッジかければ可能かもしれないけど、テッペンでミクシィみたいなの引いてしまったらもうオダブツだし。
リーサルウェポンの信用取引は絶対NG。
トレジスタの販売戦略の標準ファイルが概ね150万とかの理由が、この半年間運用してみて、なんとなく分かった気がする。
ブレイクアウトの場合、頻発する損切りの合計額を上回る、大当たりを引く必要があるけど、50万だとそれが困難ですね。

現実をみれば③なのかな・・・。


★本日戦績★     -13,100

★本日発注★  発注0  ⇒  約定0

★持ち越し★      0

※イザナミ戦略の保有銘柄は記載していません。

 

この記事をシェアする

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る