バブル第2波!!イーサリアムとXRPの伸び率がスゴイことに。

ビットコイン価格とアルトコイン価格が共に上昇しています。
暗号通貨市場の時価総額が3兆円を超えてきたことからも、有り余っている投機マネーが入ってきた可能性がある。
twitter上でも株クラスタの人達が相次いで暗号通貨市場に参戦してきてるので、この状態に全く違和感はないけど。
特にアルトコインの伸び率が顕著で、これまでのビットコイン一強時代からポテンシャルのあるアルトコインがシェアを奪っていく過渡期にあるのでしょう。
ビットコインと肩を並べるアルトコインが出てくれば、市場はより強固で大きなものになるはず。私はイーサリアムかXRPのどちらかがビットコインを脅かす存在になると思って買っています。
でも、正直こんなに早く再び動意づくとは思っていなかったので驚いてもいます。前回の価格高騰がほんの1か月前の出来事なので、まだバブルは終わったわけじゃなく単なる調整期間だったみたいですね。
イーサが買われた直接のきっかけはこの報道かと思われます。
→参考:米SEC、イーサリアムETFの上場審査を開始か
イーサリアムはだいぶ安定感も出てきたので売らないでホールドするつもりですが、
XRPは値動きが仕手株っぽくなっているので一旦クローズして買戻しタイミングを探るかも。

P.S.
海外取引所Bittrexで例の暗号通貨を買い集めています。
出来高からいってまだまだ伸びしろがあると思っているので、もうしばらく今の水準で推移してほしい。
FXMZ、月末なので月足確定です。国際情勢もきな臭いですし連休もあるのでレバレッジ低めが良いかと。
OANDAの豪ドル/ドルがマイナススワップになる日がちらほら出てきました。
まぁ、外資系はスワップに秀でている業者ではないですし、重きを置いている印象もないので、
そこが気になる人は注意が必要ですよ^^

 

暗号通貨時価総額ランキング:CryptoCurrency Market Capitalizations

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る