《前言撤回》利食いは正義だと思い直してXRPをすべて売却。

前回の記事執筆後、さらにXRPが伸びました。
coincheckのチャットやtwitterなどでも異様な盛り上がりを見せていて、
買い煽りがエスカレートしていくのをフラグと判断、手持ちのXRPを全部売却しました。

 

 

仮に急騰前に仕込んでいて天井で売れていれば15倍くらいにはなった相場でした。
時価総額も低く値幅制限もない暗号通貨市場ならではの値動きで億り人も続出したと聞きます。
私はというと少し前にXRP比率を下げETH比率を上げていた為、
XRP長者にはなれませんでした(笑)
それでも投資資金が4倍になりましたよ^^
今回のXRP急騰を受けて、ざっくり計算になりますが、
暗号通貨への投資は200万円くらいのプラスになっているはず。
でも、この成績は決して自分の実力なんかじゃなくて、ただ単に暗号通貨が黎明期だからで運が良かっただけ。このボーナスステージもそう長くは続かないでしょう。
今立ち上がっている暗号通貨のプロジェクトも次第に淘汰が進み、最終的に生き残るのは片手くらいになるのではと言われています。今後は開発も順調に進んでいてEEAの後ろ盾もあるイーサリアムを中心とした手堅い案件に投資していくつもりです。

 

 

P.S.
FXMZで保有ポジションの一部を手仕舞いました。
暗号通貨のボラティリティに慣れてくると為替相場が退屈に思えてくる。
これはよくない兆候かもしれない。

~経験値Upのためにトレードを振り返る~
通貨ペア:豪ドル/ドル
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:雇用統計が控えていたため。
獲得損益:+4,168円

通貨ペア:カナダ/スイス
エントリー根拠:勝ちパターンMISSION 010(月足)。買い。
エグジット根拠:雇用統計が控えていたため。
獲得損益:+3,793円

春のキャンペーン実施中!口座開設で最大5,000円のキャッシュバック↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る