OANDAベーシックコース契約者は要チェック!提供サービスが一部変更されます。

OANDAが10/31よりベーシックコースにおける提供サービスの一部変更を行うと発表しました。
MT4でEAによる自動売買を行っている人には悲しいお知らせになります。

shikihime229_1《サービス変更点》
追加:両建てが可能になる。
→個人的には両建てする機会がないので使うことはないと思うのですが、できないよりはできた方が良いですし、選択肢が増えたので素直に喜びたい。
廃止:MT4自動売買機能が利用不可になる。API使用不可になる。
→EAを使った自動売買をしていないので特に問題ありません。尚MT4自体が使えなくなるわけではなく、あくまで自動売買プログラムを走らせられなくなるだけです。引き続きOANDAで自動売買機能を使いたければ上級コース(プロコースorOANDA Japan FX)に変更する必要があります。API(OANDAが提供しているプラットフォーム以外の自作トレードツールなど)の場合は、過去にAPI申込履歴がある人は現在利用しているか否かに係わらず10/31より順次プロコースに移行されてしまうので、ベーシックコースへの変更希望者は別途その旨をOANDA側に伝える必要があるようなので要注意。

公式サイトの各コース内容及びスプレッド比較図を見ると、ベーシックコースの方がプロコースよりも概ねスプレッドは狭く、OANDA Japan FX(東京サーバ)は他のコースよりも取扱通貨ペア数が少なく最低取引単位も1万通貨となっているので、1回の取引量が10万通貨までに収まる裁量トレーダーは上級コースを無理に使う必要はないと思います(低レバレッジ&ポジション分散&多通貨ペア監視が基本となるFXMZなら尚更)。
2016-10-09_09h59_292016-10-09_09h54_56
MT4採用を取り止める国内業者が目立つ中での今回のOANDAの決断。MQ社に支払うライセンス料が負担になっているのは間違いないでしょうし、本音はMT4のサービスを縮小したいのかも。特定のプラットフォームだけに頼るのは止めた方が良いのかもしれません。私は普段fxTradeで取引してますけど、特別不自由感じたことないですし。

P.S.
OANDA Japan FXに顧客からの要望が多かったTRY/JPY、ZAR/JPYが追加され通貨ペア数が25に増えました。

取扱通貨ペア数71。最小取引単位1通貨。約定力に定評ありのベーシックコースの申込はこちらから↓
私もFX MISSION ZERO取引で使ってます('w')
口座開設

この記事をシェアする

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る