将来性に期待して買った暗号通貨《第1回目》

買って持ってる暗号通貨を晒していくシリーズ第1回目。

shikihime179_2《持ってる暗号通貨たち》※時価総額が大きい順
Bitcoin(BTC)・・・暗号通貨界の基軸通貨。ランキング1位。
Ripple(XRP)・・・銀行間送金システムをより円滑にする
ブリッジ通貨。ランキング3位。
GameCredits(GAME)・・・オンラインゲーム専用暗号通貨。
ランキング31位。

長期保有するものは時価総額ランキングで10位以内に入っているものから選ぶと自分なりのルールを設けています。本命は5位以内から。基準に該当しているのはBitcoinとRipple。少し前まではBitcoin一択でしたが、
金融機関に煙たがられているBitcoinよりも(Bitcoinが普及すれば金融機関が不要になると言われている)、
事業戦略が既存の金融システムと敵対するものでなく延長線上にあるRippleの方がより実現性が高いのではないかと考えるようになり、BitcoinとRippleの両方にベットすることにしました。
価格形成が完全に市場に委ねられているBitcoinと異なり、RippleはRipple社がXRPの値上がりを収益の柱として位置付けていることから積極的に市場に材料を提供してくれる点も心強く感じられます(※)。
両方頓挫してしまう最悪のシナリオもありえますが、両方とも数十倍になる最高のシナリオしか描いてません(笑)。
時価総額が低いGameCreditsはある程度値上がりしたら売却します。
暗号通貨への投資は数倍~数十倍になるかor無価値になるかのどちらかだと覚悟して手を出しています。
前にも言いましたが推奨はしません。フィアット(法定通貨)の方が現状支持されているのは疑いようがないので。

※自分なりに情報収集した上での勝手な解釈なので、間違ってる可能性があります。
各暗号通貨のビジョンやロジックは非常に難解でど素人では理解できない部分も多いですし、
自分の納得理解できないものには投資するなというバフェットの格言にも反するので、
暗号通貨への投資は自己責任でお願いします。

時価総額ランキング:Crypto-Currency Market Capitalizations

国内で最も取扱通貨数が多い取引所です。Ripple(XRP)も買えるよ↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る