アルトコイン取引でビットコインの持ち分を増やす方向にシフト。

将来的にかなりのリターンが見込めそうだという理由で暗号通貨への投資をはじめましたが、自分なりにいろいろ調べたり見聞きする中で、これまでのやり方では今後行き詰まる可能性が出てきました。というのも、現在のビットコイン価格は1BTC=70,000円前後で比較的安定して推移していますが、これからどんどん価格上昇していくと買い増すのがきつくなることが予想され、買い増すという考え方ではなく手元にあるビットコインをいかに増やすかという方向に徐々にシフトしていく必要があるのではないかという結論に至りました。
その具体的な方法ですが、ビットコインよりも時価総額が低く値動きが軽いアルトコインの取引でビットコインの総量を増やしていく方法を採用することにしました。
てか、ただ単に私がやらなかっただけで、ほとんどの暗号通貨トレーダーはこの方法でビットコインを増やしてるんですけどね(笑)
《変更前》日本円でビットコイン購入→ビットコイン値上がり→ビットコイン売却で日本円に戻す
《変更後》ビットコインをアルトコインに交換→アルトコイン値上がり&売却→ビットコイン売却で日本円に戻す

国内取引所で取り扱っているアルトコインであれば日本円で直接購入できますが、まだ手垢に塗れていないマイナーなアルトコインは海外取引所経由でしか入手できません。要するに、海外取引所と国内取引所での取扱開始時期にタイムラグがある為、国内取引所での取扱を待っていては機会損失に繋がる可能性があるということです。ただし、数百種類に及ぶアルトコインから値上がりが期待できるものを選ぶ必要があることに加え、この目論見はビットコインが暗号通貨界の基軸通貨として君臨し続け、なおかつ市場から評価され一定の価格を維持できなければ失敗に終わります。フィアット(法定通貨)で安定的に利益を出せているのであれば無理に手を出す必要はありません。私はできるだけ早く今の生活から抜け出したいという思いが強いのである程度の損失は覚悟の上で臨んでいます。既に何種類か持ってるのでそのうち紹介する予定です。

《暗号通貨の時価総額ランキングを確認できるサイト》
Crypto-Currency Market Capitalizations

《用語の意味》
※アルトコイン・・・ビットコイン以外の暗号通貨の総称

P.S.
ビットコインの価値はドルないし人民元換算が正しいという意見をネット上でよく見かけますが、
日本で暮らす以上最終的には日本円に戻す形になるはずなので、このブログでは尺度として円を採用しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)は取引量・ユーザー数・資本金で3冠達成中の国内第1位の取引所です↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る