2015/11/08時点の含み損益。と、FX MISSION ZEROにおける推奨取引通貨ペアと推奨取引時間足。

★2015/11/08時点の含み損益★
外為どっとコム・・・なし
セントラル短資・・・-4,962円
SBIFXトレード・・・なし
DMM.com証券・・・-13,597円
マネーパートナーズ・・・なし

かなり含み損が軽減されていた豪ドルスイスフラン。
雇用統計発表前は評価損が2,000円程度だったのに、市場予想を大幅に上回る結果を好感したドル買いの影響で、
御覧の通りです↓
ct

 

 

この豪ドルスイスフランなんですが、近日中に全ポジション手仕舞いしようと思っています。
なぜかというと、セントラル短資をFX MISSION ZERO取引で使いたくなったからです(_ _)
今の評価損であれば、蓄積されたスワップポイントが6,636円なので、清算してもプラスで終えられそうですし。
取引開始当初は裁量トレードを始めることになるとは思ってもみなかったので、
長期のスワップトレードに使っても支障はないかなと考えてたんですよね・・・

こういう考えに至った経緯を説明すると、
FX MISSION ZEROのマニュアルには全部で30の取引対象通貨ペアが掲載されていて、
そのうち、推奨通貨ペアが20、残り10通貨ペアが推奨ではないが場合によって取引可能と位置づけされており、
取り扱い通貨ペアが多く、1,000通貨単位で取引可能で、国内業者という括りで選ぶと、
やっぱりセントラル短資一択なんですよね(マニュアルでも国内業者ではセントラル短資が推奨されています)

また、FX MISSION ZEROでは、4時間足以上の時間足を用いることが推奨されていますが、
今のところ、日足と週足の2つの時間軸でトレードする予定です。
日足での取引はセントラル短資で、週足での取引はまだ確定ではないですが、
同じ短資会社でもある上田ハーローあたりが候補にあがっています。
(上田ハーローの最低取引単位は現時点では1万通貨ですが、今後1,000通貨対応する予定なので、
それまでは週足トレードは行いません)

徐々にですが、
FX MISSION ZEROの勝ちパターンの実践検証に向けて動き出しました。

この記事をシェアする

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る