Ledger Nano Sを持っている人は要注意。

今週の値動きは握力を試された。
次から次へと狼狽売りを誘発する以下のネタが降り注いできたわけですから↓
・テザー疑惑(ビットコインの価格吊り上げ疑惑)→真偽不明
・インドの暗号通貨禁止→のちに誤訳と判明
・コインチェックに金融庁立ち入り→立ち入り後にネム以外の預り資産は無事と改めてアナウンス
最も下落スピードを増幅させたのはテザー疑惑だと思われます。
テザー社が監査法人と関係打ち切りの噂でUSDT巡る疑惑高まる
仮想通貨に新たな疑惑? ビットコインをはじめ、仮想通貨市場そのものを崩壊させかねない「テザー」疑惑とは
記事読んだ上での感想としては、
ドルの裏付けのないテザーがあったとしても、ビットコイン以外のアルトもどんどん台頭してきてる中で
市場規模的にも崩壊するトリガーになるとは思えません。焼け野原になったら潔く諦めます(_ _。)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
コインチェック問題が収束しない限りは本格上昇は難しいと思います。しばらく低調な相場が続きそうな予感。

《追記》
Ledger Nano Sを普段から使っている人に注意喚起しておきます。
各取引所で買ったコインをLedger Nano Sに送金する場合の受取アドレスがマルウェアにより
勝手に書き換えられてしまう可能性があるそうです。
第三者のアドレスだと気づかずに送ってしまったらまず戻って来ません。
ハードウェアウォレットといえど過信は禁物なようです。
Ledger社が公式に対応してくれるまでは
(1)アドレスに間違いがないか確認する(2)少額で実際に試してから送金する、を徹底した方が良いでしょう。
このブロガーさんの記事が分かりやすいです↓
注意!Ledger Nano S 公式から受信アドレスをハックされる危険性のレポート!!

この記事をシェアする

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る