コインチェックのネム流出で肝を冷やした。

 

 

 
連日メディアを賑わせていたcoincheckのNEM流出問題。
被害額が580億円相当と巨額で一瞬倒産の二文字がチラついた。
各メディアは補填できるわけがなく倒産するしかないという論調だったけど、
twitter上ではcoincheckの直近のビットコイン取引高などから売上高や利益を算出、
自己資金で十分補填できるという冷静な意見が多くみられた。

そしてcoincheck側が数時間前に発表した補償内容が
NEMによる返金ではなく日本円による返金。返済額がZaifのレートを参考に
売買停止から補償方針リリース配信時までの加重平均価格から算出した金額になるという。
これでは納得しないNEM保有者もいるだろうから内容変更は今後あるかもしれないけど。

当然私も口座開設して使ってたので被害者の一人です。
ただ取引所で買ったコインはハードウェアウォレットに移すクセをつけていたので
(メジャー通貨であればTREZORかLedger Nano Sのどちらかがほぼほぼ対応しています)
最悪0になっても端数分のXRPと買い増し用資金少しだけだったのでまだ諦められる金額でした。
→参考:過去記事ハードウェアウォレットLedger Nano Sを買ってみた。

これで仮想通貨に見切りをつけて去っていく新規参入組もいるだろうけど、
市場は比較的冷静に成行を見守っていたように思える。一昔前なら間違いなく暴落コースまっしぐらの出来事。

 

 

coincheckのアフィリエイト外そうかとも思ったけどもう少し様子を見てからにします。
なんだかんだこの取引所経由で知ったコインで儲けさせてもらったし、これからに期待を込めて。
そもそも登録する人全然いないですしね(笑)

《追記》
金融庁がcoincheckの行政処分に乗り出すようです。一時的に業務停止になるかもしれませんが
FX業者なんかでも過去何度も同様のことあったしそれほど心配はいらないでしょう。
ただし今回の件で金融庁の認可が下りない理由がほぼ匿名通貨にあることが分かってしまったので
遠くないうちに取扱中止になる気がします。ホルダーは手放した方がいいかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


ページ上部へ戻る